濱松誠「組織を変えるには若手の活動だけではダメ!ワンパナ流の経営幹部との会食の仕方」

12191757_1060000527365478_5891096649917652004_n

少し前だけど、パナソニック常務取締役でAVCネットワークス社長の榎戸康二さんとOne Panasonicメンバーで会食に行ってきました!
楽しすぎました!
勢いでいくつかプロジェクトが発足!

榎戸さんは1.5兆円規模のBtoBソリューション事業のカンパニーを担当していて、カンパニー長としては初の米国に常駐。
これまで以上に本気でグローバルにやっていくという姿勢の表れです。

というか、常務とこの距離!

経営幹部の時間は会社の中でも最も重要なリソースなので、24時間365日を効果的に使うべきだと思っています。
それを前提とした上で、僕たちOne Panasonicはいつも会食にのぞみます。

パソコンは必須、我々の活動報告に始まり、経営幹部への提案、コメント・フィードバックをいただき、楽しい激しい意見交換をして、しっかりその議事メモを取る、そして翌日メールで送る(笑)

だってお互いの時間を無駄にしたくないから。

未来に活かしたいから。

前から言ってますが、有志の活動や若手の活動だけで会社や組織は変わりません。

トップ、ミドルマネジメント層、社外の力が必要です。

だからこそfacebookの記事でも何回か言ってますが、こういった会食を通じて自分たちの考えを伝えることが必要なのです。
てか、何回同じこと言うねん、マック(笑)

いや、それにしても素敵な時間でした。話の中で出た面白い企てを会社と一緒にやっていきたいと思います。

そして!

11月29日(日)の午後、榎戸さんを社内スピーカーとして招き、第16回One Panasonic@大阪を開催します!

テーマは「海外特集」!帰国子女で人生の半分以上を海外で過ごされている榎戸さんに、グローバルビジネス・グローバルリーダーについて話してもらいます!

参加者はすでに100名を超えましたが、もし興味ある方は是非ご参加ください!(すみません。今回は社内限定です。)

榎戸さん、ありがとうございました!29日はよろしくお願いします(^ ^)

濱松誠

濱松誠パナソニック社員、有志の会One Panasonic発起人・代表

投稿者プロフィール

大学卒業後、パナソニックに入社。
海外営業を経て、自ら手を上げて人事へ異動。
パナソニックの人材戦略を企画・立案する傍ら、有志の会One Panasonicを創設。

現在では2000人まで広がり、風土改革、イノベーションの種をまいている。

また、社内だけではなく、他の大企業を巻き込んだ取り組みも推進中。

より良い日本、より良い社会にするために、私たちの取り組みや色々な企業の現場で頑張っている人たちを紹介していきたい

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る