【初心者のための株式投資】S&P500のチャートを超長期で見てみる

スクリーンショット 2015-11-19 10.43.49

前回、ハーバードの記事で、実際に投資するならS&P500のインデックスがおすすめといいました。

なぜおすすめなのか?

それは、歴史上上昇し続けているから。

日本株がバブル崩壊の40,000円を未だに克服できないのと異なり、アメリカ株は2度のショックを乗り越え、歴史上常に高値を更新し続けています。

これがアメリカの株式市場の歴史の軌跡

では、見ていきましょう
これがアメリカ株式市場の歴史とも言えるS&P500の1920年代からのチャートです。

spxその1

ずーっと上昇しているのがわかるかと思います。
2度、大きな底をつけているのがITバブル崩壊とリーマンショックです。

大きく下落したもののその後は、回復し最高値を更新しています。

急上昇したのは最近だけ?

このチャート1990年頃から急激に上がっているだけ?
「それまではほぼ横ばいじゃん」と思う方もいるかもしれません。

だけど、それ以前も実はしっかり上がっています。
それがコレ。
1920年代から80年代までのチャートです。

SPXその2

しっかりの右肩あがりですね。

90年以降の上がりが大きすぎて相対的に横ばいに見えていたのですね。

ドラゴンボールで例えると、亀仙人に修行してもらって強くなったのが1990年代まで、そこからはフリーザやセル、果てはブウに揉まれて超急激に強くなった。
なので、90年代までの上昇が横ばいに見える、みたいな感じです。

僕は、このアメリカ株さらなる進化を遂げると考えています。
現にFRBは利上げをし、本格的なアメリカ経済の回復がこれからくると言われています。

ブウの次の新たな敵が出現し、さらにアメリカ株パワーアップするのでしょうか?
「過去一番運用成績がよかった」といわれるのがS&P500。

今後の未来に注目です。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る