パン業界上位4社の株主優待を一挙公開

パンって美味しいですよね。急ですが(笑)
最近株主優待にはまっている私ミスターワタナベは、実は無類のパン好きです。

そこで、ふと、パンメーカーの株主優待ってどんなだろうと思い、調べてみることにしました。

パンメーカーの売り上げ順でいうと、1位 山崎製パン、2位 敷島製パン、3位 フジパン、4位 第一屋製パンという順番です。

それでは、それぞれの会社の株主優待を見てみましょう。
美味しいパンがもらえるのでしょうか。

山崎製パン(2212)

560px-Yamazaki_Baking_company_logo.svgP1510705

スクリーンショット-2018-02-07-23.12.46

現在パン業界では圧倒的な1位の山崎製パンの株主優待は、3,000円相当の製品詰め合わせです。

ただ、内容を見てみると、パンではなく、意外にもようかんや焼き菓子でした。
まあ、賞味期限を考えるとおのずとそういったものになってしまうのかもしれませんね。

イメージとしては、食パンや菓子パンがもらえると思っていたので、少し残念です(笑)

さらに、3,000円相当の株主優待をもらうのに、200万円以上の投資が必要というのは、少し高すぎる気がします。

敷島製パン

206_002 21203140

非上場

Pasco(パスコ)というブランドを展開する業界2位の敷島製パンは、残念ながら非上場です。

フジパングループ本社

fujipan_logo hinjikomi

非上場

「本仕込み」や「ネオバターロール」など多くのヒット商品を出しているフジパンですが、残念ながら100%持株会社ということで、一般に向けた株の発行はありません。

第一屋製パン(2215)

_prw_logo_image

20160804132219042

必要所有株数:1,000株〜
必要最低投資額:115,000円
配当時期:12/31(年1回)
株主優待内容:グループ会社の商品詰め合わせ

業界4位の第一屋製パンは、ポケモンパンなどが主力。

第一屋製パンのホームページを見ても株主優待に関して特に情報はありませんでしたが、こちらの方のブログを読んでみると、2015年には、レーズンサンド3袋がもらえたようです。

うーん、かなり微妙ですね。
株主優待目当てで購入するにはちょっと弱いかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。
今日は、パン業界上位4社の株主優待をご紹介しました。

気になる株があれば、是非購入してみてはいかがでしょうか。

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。

「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2017年7月)

現金残高等:860,986円
株式:2,328,650円
投資信託:573,674円
合計:3,763,310円

■現在の保有株

4503 アステラス
8316 三井住友
7261 マツダ
8001 伊藤忠
4666 パーク24
3543 コメダ

■現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る