30代が人生で疲れたときにする3つの方法

a2447297

コンサルタント兼プロボノ 海野です。

行き詰まりを感じてしまったときや、何をしたらいいのか見えないと感じてしまったとき、
はたまた「疲れた」と感じてしまったときにはどうすればいいのか。

そんなときにこそやっておくべき3つのことを紹介します。

 

1. 目の前の仕事をきちんとやる

当たり前なのですが、プロフェッショナルとして仕事をしている以上、自分の状態がどうあってもクライアントの期待にきちんと応えることは最低限やるべきことですし、自身の最低限の自尊心を保つためにも大事なことだと思います。

仮にパフォーマンスが落ちていると感じているなら、逆に言うと、本来は求められているパフォーマンスは発揮できるということ。
だから、パフォーマンスを出せるコンディション管理を重視しながら、日中にきちんと仕事に集中することが大事です。

また、そのためにも基本的なこと(役割の背景や論点を理解しそのために必要なアクションやその次の展開をきちんと整理し仕事をすすめること)を、愚直にやること。また、いいアイディアやインサイトはアウトプットを前提にしたインプットや地道な作業からしか生まれません。
きちんと作業をする時間を確保することを心がけるようにしましょう。

img_2945522d7d879fa21f35f2d79dd4c67a305935

 

2. 体調を整える

健全な精神は健全な肉体にしかやどらないとよく言います。
この1年だけで仕事人としての人生が終わるわけではありませんので、きちんと体調管理に意識をはらうこと。
具体的に3つ紹介します。

① 睡眠の質を上げるためのルーティンを踏む
・・・湯船につかる、寝る前は間接照明、スマホは見ない、水分をきちんと取るなど

② 運動とストレッチ
・・・体をきちんと疲れさせること(頭だけ疲れているとバランスが悪く疲れがとれにくくなる)、血液の循環をよくすること

③ 食事に気を使う
・・・食べ過ぎない。消化に負担がかかるものは極力避ける。(砂糖断ちなど)

maxresdefault

 

3. 考えていることをアウトプットする

生涯かけてやりたい仕事なんて、簡単にこうだと見つかるものでもないし、そもそも今の仕事や興味関心に一生懸命取り組んだ延長線上にあるものなのではと思います。
ですので、なんとなく考えている興味関心をそのまま考えるだけに終わらせるのではなく、アウトプットとして形にすること。

逆に形に残さないと、、、

・ ただの思考の残りかすになってたまってしまうだけ
・ 次回同じことをかんがえたい時に、積み重ねにならない、また一から考えることなる、時間の無駄

日記でもなんでも、一度書きだすと案外すっきりするものです。
人間ともすれば寝ている間も四六時中なんかしら考えてるわけなので、
何かしら形にはできるはず。できるなら、ひとに見せてもいいものとして書きためておくこと。

juku_entry_images_image

 

悩んだとき、道に迷ったとき、この3つを意識してみてください!

ではでは(o|o)/

 

経営コンサルタント海野

経営コンサルタント海野コンサルティングファームマネジャー兼プロボノ

投稿者プロフィール

経営コンサルタントとして多くの企業の経営をサポート。その深い知識を活かし、プロボノとしても活動中。
目まぐるしく変わる世の中の出来事を、事実の積み重ねという客観的な視点から分析していく。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る