電機業界トップアナリストの片山栄一さんを役員に!? Panasonicは本気です!!!

12313535_1072532932778904_6482234247005110437_n

こんにちは、パナソニック濱松誠です。

昨日の夜プレスリリースされましたが、メリルリンチ日本証券出身で、電機業界トップアナリストの片山栄一さんを、2016年1月1日付で役員に起用する人事を発表しました!

WOW!
いいね!

2018年度 10兆円売上実現に向けて、片山さんのノウハウをいかしてM&A戦略を進めていきます。
この大型人事、そうです。
本気です。

アドバイザーでも社外取締役でもなく、パナソニック役員です。
大きな変革のメッセージになると思います。

トップアナリストから事業会社にうつるケースはめずらしいようですが、News Picksのコメントを見ても賛同・応援・期待のコメントが多いです。

片山さんと同じ部門で働けるのが今から楽しみ!
新たな変革のフェーズに!

自分もどんどん仕掛けていきたい。

言えないことがたくさんあってもどかしい。

M&A関連以外にも新規事業・スタッフの方々を人材募集してますので、パナソニックで働くこと・変革に興味ある方いれば、個別にご連絡ください(^ ^)

もちろん、出戻り・カムバックの方も是非!
人材紹介会社の方やどなたでも、お薦めの方がおられたら、是非ご紹介いただけると嬉しいです!

そしていつか、ワンパナにも来てもらおう!
あーやばい、楽しみすぎる!

【パナソニック、著名アナリスト 片山氏を役員に】
パナソニックは27日、著名アナリストの片山栄一氏を来年1月1日付で役員に起用する人事を発表した。グループ戦略の企画立案を担うコーポレート戦略本部の傘下に「事業開発部」を新設し、片山氏が同部の部長を兼務する。同氏のノウハウを生かしM&A(合併・買収)戦略を進める。
片山氏は野村証券を経て、2010年にメリルリンチ日本証券に入社した。アナリストとして電機セクターを担当し、日経ヴェリタスのアナリストランキングで家電・AV機器分野において4年連続首位になるなど電機業界のトップアナリストとして知られた。
パナソニックは19年3月期に10兆円の売上高を実現するため、M&Aなど1兆円の戦略投資をする方針を示している。

濱松誠

濱松誠パナソニック社員、有志の会One Panasonic発起人・代表

投稿者プロフィール

大学卒業後、パナソニックに入社。
海外営業を経て、自ら手を上げて人事へ異動。
パナソニックの人材戦略を企画・立案する傍ら、有志の会One Panasonicを創設。

現在では2000人まで広がり、風土改革、イノベーションの種をまいている。

また、社内だけではなく、他の大企業を巻き込んだ取り組みも推進中。

より良い日本、より良い社会にするために、私たちの取り組みや色々な企業の現場で頑張っている人たちを紹介していきたい

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る