先週のFXトレードを振り返る。米雇用統計で何か変わったか?

dollar-bulls-charge-ahead-us-dollar-divergence-monetary-policy-fx-trader-forex-fundamental-analysis-analysis3

おはようございます。
ど素人FXトレーダーのミスターワタナベです。

そろそろ年末のお休みですね。
私は早く休みが来ないかと、指折り数えている毎日です( ̄▽ ̄)
みなさんは何をするかもう決めましたか?
私は、とにかくのんびりしたいと思っています。
(特に話題もないw)

先週のドル円は?

それでは早速先週のトレードを振り返ってみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-22-08-47
11/28(月)は、先週までの強気ムードが一変して、一時111.356円まで値を下げました。

「おっ、ついに買われ過ぎていたドルも化けの皮が剥がれ、このまま暴落か?」と、遥か彼方下の方にポジションを持つ私は淡い期待を抱いたいのですが・・・。
その期待は、あっさりと裏切られ、その後はしっかりと回復します。

12/1(木)には、115円に迫るほどの上昇。

101円代ショートのポジションは、損切りのタイミングを完全に失い、塩漬け状態です。

評価損益は1万円を超えるマイナス。
これを見る度に、過去の自分を恨みます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

なんでも、このドル円の上昇は、11月30日に発表された米・11月シカゴ購買部協会景気指数が予想を上回ったことや、OPEC(石油輸出国機構)で減産が合意されたことでリスクオンになったためだとか。(参考:逆張り相場ブログ)

なんで、原油減産なのに、ドルが買われるんだろう??

雇用統計はぱっとしない結果

そして、金曜日は雇用統計の発表。
結果は、こんな感じ。

非農業部門雇用者数
予想:18万人
結果:17.8万人

失業率
予想:4.9%
結果:4.6%

予想を上回り、非農業部門雇用者数も先月の14.2万人から大きく伸ばしたものの、チャートにそれほど大きな動きはありませんでした。

さて、今週はどう動くのか?
私は全くわかりません(笑)

それでも、先週はなんとか、111円代からの上昇に乗っかって、約2000円の利益を出すことができました。

依然評価損益は残したまま・・・。

先週の成果

利益:2,002円
証拠金:85,306円
評価損益:-12,674円

ミスターワタナベ

ミスターワタナベ個人FXトレーダー

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。

「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

■現在の保有資産評価額(2017年3月)
現金残高等:219,166円
株式:2,625,500円
投資信託:480,032円
合計:3,324,698円

■現在の保有株(2017年3月)
3668 コロプラ
4503 アステラス
6367 ダイキン工
6752 パナソニック
8001 伊藤忠
8316 三井住友
7261 マツダ
7751 キヤノン

■現在の保有投資信託(2017年3月)
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 米国株投資ブログ
  2. 5-460jff
  3. トランプ相場のアメリカ株
  4. 日本郵船の株価分析
  5. ニューヨーク
  6. mac-google
  7. アメリカ株上昇ランキング
  8. 暴落アメリカ株
  9. 東レの株価分析
  10. image

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る