とにかく高配当の日本株だが..!武田薬品工業(4502)の株価を分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は武田薬品工業【4502】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

武田薬品工業とはどんな会社?

武田薬品工業は、国内外で医療用医薬品およびビタミン剤などのヘルスケア製品、ポリウレタンなどの化学製品の開発および製造、販売に従事しています。
米国や欧州、アジアの関連会社および子会社を拠点に研究開発を進め、現地での販売を促進しています。
食品、農薬、環境汚染診断薬などの生活環境製品の製造や販売にも注力しています。

アステラス製薬、第一三共、大塚ホールディングス、エーザイと並び国内5大医薬品メーカーの一つです。

大型薬特許切れによる業績低調からの再生を目指して、08年に米ミレニアム社、11年にスイス・ナイコメッド社、16年に米アリアド社など大型買収をしています。
消化器系、中枢神経系、がんなどに研究開発を絞込み、米国に重点シフトなど研究開発の改革も推進しています。
そして、18年に希少疾患薬で世界首位の欧州製薬大手シャイアー社の巨額買収で基本合意しました。

現在の株価は?

現在の株価は4,491円前後です。
取引単位は100株なので、45万円程度で武田薬品工業の株を所有することが可能です。

45万円、、高いですね。
日本株もアメリカ株のように少額から買えるようになるといいのですが(ちなみにアメリカ株は1株から購入できます)

PER(株価収益率)は139.90倍です。
100倍を超えています。超高PERですね。
かなり割高すぎてなかなか手が出せません。

配当利回りは4.01%。
日本株としてはかなりの高配当の部類です。
この点はすごく魅力的ですね。

武田薬品の過去の長期のチャート

 

最高値は2006年の8,170円。
日本の多くの大企業が超えられない1989年のバブル最高値をしっかり超えている点は評価できます。

ただ、その後2006年の高値から50%近く下落してしまっています。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

 

 

軟調ですね。
2019年3月に盛り上がったのですが、そこから大きく下落していっています。
2019年8月に底をつき、そこから大きく反発しています。
勢いがすごく、4,000円をあっという間に超えています。

武田薬品工業の売上高は?

売上高は緩やかですが堅調です。
わるくありません。

武田薬品工業のEPS(1株当たりの利益)の推移です。

うーん、よくないですね。
凸凹しています。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

うーん、なんともいえません。
ただ、FY2019には盛り返してきており、その点は評価できます。

ROE(株主資本利益率)の推移

直近のROE(株主資本利益率)は3.42%です。
低いですね。典型的な日本の大企業です。
投資をする上ではマイナスポイントです。

最後に、流動比率は1.21倍。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

武田薬品工業の今後をまとめると。

配当利回りは良いのですが、他の数字はあまりいいとはいえませんでした。

これでは株価がいくら下がっても買いたいとは思えません。
さらに個人的に製薬と航空業界には極力手を出したくないとの自分のルールもあり、より投資には消極的にならざるを得ません。

個人的には無理して買う銘柄でもないとの結論です。

「今後の日本の製薬会社はどうなっていくのか?」という問題について、以前経営コンサルタントの小宮一慶氏は以下のように語っています。

これまでは安定的に業績を伸ばしてきた製薬会社ですが、今後は激変する可能性もあるということです。そこで、どのような戦略をとっていくのか。武田薬品のように海外に活路を見出すという手もあります。

そして、日本の薬品は品質も信頼性も高いですから、新興国市場を開拓していける可能性は十分あるでしょう。ただし日本国内では、医療費は増えていく一方で、医薬品の単価は下げざるを得なくなってきます。後発品への依存も高めざるを得ません。こうした状況を踏まえ、各社がどのように動いていくのかという点に、私は注目しています。

http://toyokeizai.net/articles/-/42788

医薬品、当たればデカイのですがその背後にはどうしてもハイリスクという面も見え隠れする銘柄だと思います。

最後に、競合他社にアステラス製薬もあります。
こちらも以前分析しているのでよければご覧下さい。

「明日は変えられる」高配当!国内最大アステラス製薬の今後の株価を分析

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている35歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る