ランシステム[自遊空間](3326)の株主優待と配当はお得か分析してみた

img_1-2

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はランシステム[自遊空間](3326)についてです。

スクリーンショット 2017-10-09 21.43.58

ランシステム[自遊空間](3326)の株主優待の内容

まずは、ランシステムの株主優待の内容です。

mikasaohsu-img600x258-1486370594lzrhfg8524

ランシステムの株主優待は、①漫画喫茶「自遊空間」の優待券、②QUOカード、③全国共通お食事券ジェフグルメカード、の中から好きなものを選べます。

①は、漫画喫茶「自遊空間」で使える500円優待券が、100〜200株だと6枚(3,000円分)。
300〜400株だと10枚(5,000円分)。
500株以上だと20枚(10,000円分)もらえます。

②は、1,000円分のQUOカードが100〜200株だと1枚(1,000円分)。
300〜400株だと2枚(2,000円分)。
500株以上だと3枚(3,000円分)もらえます。

③は、全国35,000店舗の加盟店で使える食事券「ジェフグルメカード」500円分が100〜200株だと2枚(1,000円分)。
300〜400株だと4枚(2,000円分)。
500株以上だと6枚(3,000円分)もらえます。

「自遊空間」の利用料金は、例えば新横浜駅前店の場合、30分270円なので、100株持っていれば、5時間以上も優待券で利用できることになります。
また、パック料金だと12時間で2,880円なので、優待券を使えば半日利用することができます。

近くに「自遊空間」がある方には、嬉しい優待ですね。

また、近くに「自遊空間」が無い方でも、QUOカードやジェフグルメカードが選べます。
ただ、100株だとたったの1,000円分なので、あまりお得ではありません。

そもそもランシステム[自遊空間](3326)とはどんな会社?

jiqoo-1

ランシステムは、東京都豊島区に本社を構え、「スペースクリエイト自遊空間」を展開している会社です。
2004年にジャスダックに上場しました。

元々は、現在の代表取締役 田中千一氏が個人でレンタルレコード店を開業したことが始まりのようです。
現在は、直営店68店舗、FC店108店舗を展開するまでに発展しています。

ランシステム[自遊空間](3326)の株主優待はいくらで購入できる?

現在のランシステム[自遊空間](3326)の株価は、926円(2017年10月時点)ですので、100株だと「約9万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ランシステム[自遊空間](3326)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料272円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約9万円の投資で3,000円の優待券がもらえるわけですから、優待利回りは3.3%ということになります。
悪くはないですが、ちょっと物足りない気がしますね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待は、6月末日に株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

具体的に権利日は2018年6月26日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、6月26日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の6月27日に現渡決済すればOKです。

ランシステム(3326)の配当は?

次に、ランシステムの配当ですが、残念ながら配当は無いようです。

最後にランシステムの株主優待と配当をまとめてみると

株価も約9万円とお手頃価格なだけに、頻繁に「自遊空間」を使われる方にとってはいいかもしれません。

ただ、配当金も無いので、あまりお得感はありませんでした。

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。

「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

■保有資産(2017年7月)

現金残高等:860,986円
株式:2,328,650円
投資信託:573,674円
合計:3,763,310円

■現在の保有株

4503 アステラス
8316 三井住友
7261 マツダ
8001 伊藤忠
4666 パーク24
3543 コメダ

■現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. サッポロの株価分析
  2. ThetaSで巡る石垣島
  3. ゼニス羽田ホールディングスの株価予想
  4. photo credit: Yield To Common Sense via photopin (license)
  5.  5月23日、JTは、無煙たばこ「プルーム・テック」のデバイスと専用たばこカプセルの東京での販売開始に際し、専門店を銀座や新宿など都内に数店舗展開すると発表した。同商品は、昨年3月から福岡市とオンラインで販売しているが、6月29日から東京での販売をスタートさせる。写真は都内で12日撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)
  6. 564-1
  7. 株の配当金2016年
  8. 一目均衡表とは
  9. image
  10. 永谷園の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る