大塚製薬(大塚ホールディングス)(4578)の今後の株価を予想・分析

大塚製薬の株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は大塚ホールディングス(4578)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

大塚ホールディングス(4578)とはどんな会社?

大塚ホールディングスは、医療関連事業を行うグループ会社を管理・経営しています。
ヘルスケア事業を中心に、国内外で医薬品事業及びニュートラシューティカルズ事業を展開しています。

ちなみに、ニュートラシューティカルズ(Nutraceuticals)とは、Nutrition(栄養)とPharmaceuticals(医薬品)から作られた言葉です。

以下はWikipediaより引用

2012年時点での日本の医薬品企業(製薬メーカー)での売上高は4位、世界の医薬品企業の売上高順位では20位である。
武田薬品工業(世界14位)・アステラス製薬(同18位)・第一三共(同19位)・エーザイ(同25位)と共に国内5大医薬品メーカーのひとつである。

大塚ホールディングスの中でも有名なのはやはり大塚製薬ですね。
ポカリスエットやオロナミンCはお世話になりました。

どうでもいいですが、ポカリスエットって本当に青が似合いますね。

そんな大塚ホールディングス(4578)、現在の社員数は30,638人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は4,995円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、50万円前後で大塚ホールディングス(4578)の株を所有することが可能です。

高いですね。やはりひとつの銘柄に50万円は高いです。初心者にはなかなか手を出しづらいです。

そして、大塚ホールディングス(4578)のPER(株価収益率)は、現在30.7倍です。
こちらも30倍を超えているので高PERです。割高ですね。
ただ、PERが高いということはそれだけ期待されているということでもあります。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、2.0%です。
高配当とまではいきませんが、そこそこ配当があるといった印象です。

そして、大塚ホールディングス(4578)の株主優待は、100株以上持っている株主に商品詰め合わせが送られてきます(年1回)。

大塚製薬の株主優待1706

ポカリスエットにオロナミンC、ソイジョイ、ボンカレーなどが入っています。

実質利回りとしては大したことないですが、こういうの送られてくるとうれしいですね。
家族がいる方なんかは奥さんに喜ばれるかもしれません(それで株式投資に理解を示してくれるケースもあります)

詳細は大塚ホールディングスのIR情報をご覧下さい。

上場来の長期のチャート

大塚ホールディングス20年チャート1706_02

かなり長期の上昇トレンドです。
PERが高いのもうなずけます。

直近3年のチャートはこちら

大塚ホールディングス3年チャート1706_02

こちらも上昇トレンドです。しっかり上げている印象です。

大塚ホールディングス(4578)の売上高は?

大塚ホールディングス売上高1706_02

うーん、微妙ですね。
右肩上がりではないです。
直近の落ち込みが気になります。

大塚ホールディングス(4578)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

大塚ホールディングスEPS1706_02

同じく直近の落ち込みが大きいです。
あまりよくはないですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

大塚ホールディングスBPS1706_02

こちらは右肩上がりです。
いい感じですね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

大塚ホールディングスROE1706_02

ROE(株主資本利益率)は直近5.43%です。
低いですね。ただ過去には10%も超えていたこともあるので今後に期待です。

流動比率は2.55倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

大塚ホールディングス売上高比率1706_02

日本が半分、北米とその他をあわせて半分です。

大塚ホールディングス(4578)の今後をまとめると

ブランド力もあり、わるくはない銘柄だと思います。
ただ、ちょっとPERが高めです。

株価もしっかり上げているので安値で買いたい長期投資家には手が出しづらいです。
またROEの低さも気になります。

今は無理して買う銘柄でもありません。

では次、行きましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. スクリーンショット 2017-08-18 11.44.29
  2. バークシャーハサウェイの株価分析
  3. 上野ランチ
  4. s_0nvv
  5. 王子ホールディングス1706
  6. 濱松誠
  7. blife.exblog.jp
  8. 億万長者について
  9. 中国ショックで大損
  10. ユニチカの株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る