【実体験】お金儲けは株式投資が一番ラクな理由!【起業よりもサラリーマンよりも】

こんにちは。今井バフェットです。

梅雨があっという間に終わり、本格的な夏を迎えましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

日本株分析はちょくちょくしていたものの、個人的な近況の報告はほとんどできませんでした。

前回の記事は2017年11月です。

もし近況報告の記事をお待ち頂いていたファンの方おまたせして申し訳ありません(もしファンが仮にもいたらの話ですが)。

わたくし、かなり慌ただしい毎日を過ごしておりました。

事業をはじめた!そして400万円を投資

というのも、今井バフェット、とうとう事業をはじめました。
自分でビジネスを立ち上げたということです。

それも2つ同時に。
それぞれ初期投資で150万円と240万円で、合計390万円の出費です。

「大丈夫か?今井バフェット、変なビジネスに騙されていないか?」
といった声が聞こえてきそうです。

でも大丈夫です。
イチからやってみたかったことを自分の力で試してみました。

せっかく910万円ためたのに!貯金から費用を捻出

もちろんそんなお金なんてすぐに出せないので、手を出してしまいました。

..虎の子のお金に。
やっと2017年7月時点で910万円までためていたのに、約400万円を投じてしまいました。

…愚かですね。
ただ、どうしてもこのタイミングでやりたいビジネスだったんです。

固定費がかかる飲食店とかではないです。エンターテインメント系です。

まあ、結婚して結婚式挙げたと思えば安いものです(笑)

すべては資産があったからビジネスができた

ただ、こういった思い切った行動がとれたのもしっかりと貯金していたおかげです。

やはり節制して資産を作っておくというのはとても大切なことだと感じました。
「好きなことをいつでもできる」ということを今回身をもって実感しました。

そして、そのビジネスにかかりっきりで気づけば2018年7月になっていました。

ビジネスはなんとかうまくまわりはじめ、投下資本を回収できるようになってきました。
そして、スタッフも増えどんどん裁量を与えているので少しカラダがラクになってきました。

お金ってたくさんあってそれを広い意味での投資に使えばさらにお金を生むということを身をもってしることができました。

正社員・派遣社員、アルバイトはとても恵まれている

ただ、自分でビジネスをするのはめちゃくちゃ大変です。
正社員・派遣社員とかアルバイトがとても恵まれていることにも気づきました。
事業に失敗しても、お金は奪われないし、その働いた時間はしっかり給料がもらえます。

でも、それって結局自分の時間を切り売りしているということですけどね。

自分でビジネスをするとそのかわり多くの人の時間をお金で買い、サラリーマンでは稼げない額を稼ぐことができることがわかりました。

起業に反対する人の意見なんて参考にならない

ビジネスをはじめるとリスクばかりがあげられますが、その分リターンというのがとても大きいんだなと。
「独立するなんてやめておけ」と忠告する人はたいてい独立してしっかり売上を上げたことのないサラリーマンです。
その人が不安を語ったところで、そのウラにあるリターンはわかるはずがありません。

起業で成功したことのあるあのホリエモンに相談したら「独立すべき」と必ず言うはずです。

そしてやっぱり自分で立ち上げるビジネスはとってもワクワクします。

起業は失敗してもメリットだらけ

現在は副業が認められやすい流れになってきています。
それぞれに初期投資の額の差はあれど、僕はやりたいことがあればどんどんやるほうが面白いと思います。

失敗しても、ノウハウや人脈などお金には変えられないものがたくさん残ります。
(僕も以前、スモールビジネスを立ち上げたのですが失敗したことがあります。
40万円くらいの損失でしたが、ノウハウやそれに伴う人脈などそれ以上のものを得ることができました)

と、このブログは投資のブログなのでビジネスの話はここまでにします。

具体的にかけないことばかりで、具体性にかけるビジネス話ほどつまらないものはありませんからね。

その点でツイッターなどにくる、「ビジネスで月300万」みたいな勧誘とかまったく魅力を感じないのと一緒です。
(もちろんこれらのほとんどは詐欺まがいの情報商材やFX自動ソフトなどを売りつけるだけでしょうが)

でも、やっぱり株式投資はすごい

アメリカ株とかに、投資だけしてその果実を享受するというのがいかにラクかを身をもってしることができました。
高配当の銘柄に投資をしておけば、「寝てもメシ食ってても、だらだらテレビを見ていても」投資した会社の社員がせっせと働いてお金を運んできてくれます。

投資だったら、「あなたが就職活動で入れなかった超有名企業(資生堂とか電通とか)」だって株を持てます。そしてそんな優秀な社員にたくさん働いてお金を稼いでもらい、そのお金の一部を受け取ることができます。

投資は、なにもしなくてもお金がもらえる

1,000万円あって毎年5%ならば50万円です。
なにもしなくても50万円をもらうことができるのが投資の素晴らしさです。

50万円といったら時給1,000円のアルバイトで500時間分です。
1日7時間働いたとして、71日分です(1年の5分の1)。
そんな貴重な71日分のお金が、テレビ見てても手元に入るんです。

これ、すごくないですか?

この感覚は、「投資はギャンブル」だと勘違いしている人には一生気づけない感覚かと思います。
知っている人はもうとっくのとうに投資をはじめています。
不思議に思いませんか?
「なぜ一生働かなくても暮らせる資産を持つ、楽天の三木谷浩史氏やソフトバンクの孫正義氏がなぜ投資をしているのか?」

 

それは儲かるからです。

「もしあなたの寿命があと100年あったら」10億円ラクに稼げる

一方の「投資は怖い」といって近づきもしない層の人とはどんどん格差が膨らんできます。

ちなみに、さきほどの50万円の話、この50万円を使わなければ次の年は52.5万円もらえます。
なにもしていないのに、25,000円が増額されるんです。

これが、複利という今世紀最大のマジックです。
ちなみにその次の年は、551,250円です。
さらに前の年より26,250円増額されます。

複利は、はじめは小さな効果ですが、年月を重ねるととんでもない力を持ち始めます。
この年利5%でもほっておいてなにもしなければ33年後には5,000万円となります。
寿命関係なく95年後には10億円を超えます。

だから代々のお金持ちはずーっとお金持ちなんですね。お金がお金を呼ぶ仕組みで貧富の差が拡大するといわれる所以です。
(これを阻止するには相続税をたくさんとるとかしたほうがいいんですかね。)

ただ、僕ら1代でも1億円の資産は十分築けます。
ビジネスを自分でやるのはとても充実しますが、投資はそれ以上の効果をもたらします。

期間は空いてしまいましたが、近況報告も含め今後も投資のすばらしさなど伝えていければと思います。

僕もまだまだ道半ばです。ビジネスに出資してしまったため、資産という点では大きく後ずさりしてしまいました。
でも、まだまだです。挽回していきます。

みなさんも一緒に、1億円という壮大とも思える資産を築いていきましょう!

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る