「三菱は国家なり」、三菱重工業の株価を予想してみた。

三菱重工業分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は三菱重工業【7011】の株価を分析、今後を予想していきます。

三菱重工業とは?

三菱重工業は、様々な分野における総合重機械および装置を製造しています。
主な製品は、機械・造船・原動機・エンジン・航空・防衛用危惧などです。
また、原子力の開発も行います。

とくに、船舶・海洋事業が有名で、日本国内では最大規模、世界でも有数のシェアと技術レベルを誇る、同社発祥の部門です。
主に長崎造船所、神戸造船所、下関造船所、横浜製作所で製作しています。

こんな説明もあります。

三菱重工業は伝統的に「三菱は国家なり」という意識を持ち、お国への所期奉公を社是としている。
三菱重工業の社長、会長を歴任した飯田庸太郎は「防衛産業で日本のお役に立てなければ、三菱が存在する意味はない。もうかるからやる、もうからないからやらないではなく、もって生まれた宿命と思っています」と語っている。

Wikipedeaより

日本を背負った大企業というイメージがピッタリの会社です。

三菱重工業はけっこう高配当

現在の株価は410円前後です。(2016年2月末現在)

PER(株価収益率)は14.8倍前後。
配当利回りは2.93%です。

PERは20倍を切っているのでまあまあの合格圏。
配当利回りは3%に近いので日本株の中はかなり優秀な部類です。

ちなみに取引単位は1,000株なので、取引するには410,000円前後の資金が必要です。
いつも思いますが、日本株って高いですよね。
これでは気軽に株取引なんてできないです。

「貯蓄から投資」へなんて言われていますが、投資、とくに分散で投資なんてできないですよね。
アメリカ株は1株単位から売買できます。グーグルは705ドルで、アマゾンは550ドルで購入できてしまいます。

上場来の過去の長期のチャートを見ていきましょう

三菱重工業上場来チャート

三菱重工業、上げ下げが結構激しいですね。

上場来最高値は1989年で1,170円です。
ちなみにこの年、日経平均も史上最高値38,915円をつけました。

日経平均はこの1989年につけた最高値をいまだに更新できていません。
一方のアメリカ株の代表指数S&Pは最高値を更新し続けています。下がS&Pの1930年からの超長期チャートです。

アメリカS&Pの超長期チャート
これを見ると、最高値を更新したのは2015年。
1989年の高値をいまだに超えることのできない日本、今後日本の人口は減少し、労働人口も減っていきます。

一方、S&Pは最高値を更新し続け、アップル・アマゾンなど世界を引っ張る企業を続々と輩出するアメリカ。

僕がアメリカ株に魅力を感じるのはこういった理由からです。

ちなみに三菱重工業の過去1年のチャートはこんな感じ。

三菱重工業の過去1年

2015年の6月からジワジワ下げています。
6月の水準から現在は半値程度です。

三菱重工業の売上高は?

三菱重工業の売上高

売上高はほぼ横ばいです。

次にEPS(1株当たりの利益)の推移です

三菱重工業のEPS

こちら、FY2013からかなり大きく伸びています。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

三菱重工業BPS

こちらはゆっくりではありますが右肩上がりです。
これはプラスポイント。

そして、ROEは(株主資本利益率)は、直近5.34%。
ROE、ここ数年で一番高くても10.96%(FY2014)。

バフェットが投資対象とする銘柄はROE20%以上といわれています。
もちろん業種によってもROEの水準は異なるのでなんともいえませんが、それでも5%は低い。

流動比率は1.42倍。
こちらはまあ正常です。

三菱重工業の今後をまとめると

PERはいまいち、EPSもいまいち、BPSはまあまあ。
配当利回りはそこそこあるので、大きく下がった時に購入できればそれなりにオイシイ銘柄かもしれません

PERの目安は10倍切るくらいでないとなかなか手を出そうとは思えない、これが僕の素直な感想です。
ただ、そういった低い水準で買うことができれば、日本を代表する重工業の会社だし、それなりにいい働きをしてくれるんではないかと思います。

やるなら長期投資です。一度買ったら長期でこの企業を保有するつもりで。

日本を代表するこの会社にしっかり働いてもらい、資本家であるあなたが利益を享受しましょう。

 


三菱重工の正体―国策防衛企業

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る