2016年、高配当でおすすめ!三井住友銀行の今後の株価見通し

三井住友の株価

今日見るのは三井住友フィナンシャルグループの株価です。

三井住友フィナンシャルグループとは?

三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行によって設立された持株会社です。
2003年2月に三井住友カードおよび三井住友銀リース、日本総合研究所を傘下に収めます。
同持株会社は傘下子会社の経営管理ならびに付帯業務を行います。
さらに、同グループは主に商業銀行業務ならびに総合金融サービスを提供しています。

三井住友株はかなり高配当

三井住友の株価は現在4,106円。

PER(株価収益率)は8倍。
10倍を切っているのでかなりいい感じですね。

配当利回りは3.65%。
こちらも高めでいいですね。

※一番下に最新の追記(2016年2月12日)あり。

これだけでかなり欲しくなりました。

過去の長期のチャート

三井住友チャート

2006年1月に最高値13,700円をつけてからは低迷気味です。

三井住友の売上高・営業収益の推移は

三井住友売上高

順調な右肩上がり。
株価のチャートとは異なり、キレイなカタチをしていますね。

次にEPS(1株当たりの利益)の推移です

三井住友株のEPS
こちらもまずまず。
2015年、直近で少し落ちているのは気になります。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

銀行株BPS

うん!きれいな右肩上がり。
BPS(1株あたりの純資産)をキレイに伸ばせているというのは投資でかなりおすすめなポイント。

そして、ROE(株主資本利益率)は、直近9.24%。

三井住友の今後をまとめると

売上高の伸び、EPS・BPSの伸び、どれもとてもグッドです!
さらに現在PER10倍を切っておりお得。
配当利回りも3.65%という高めなのも素晴らしいです。

さらに日本を代表する大銀行。

見てたら僕が欲しくなるくらいになりました。
いいですね。買おうかな。

ちなみに、三菱東京UFJ(MUFG)の株価も分析したので気になる方はこちらもご覧ください

追記(2016年2月12日)

日銀のマイナス金利の導入により市場に混乱が走り、現在株価はさらに下がっています。

現在2901円(2016年2月12日)。

なんと3,000円を割りました。
配当利回りも5%を超えています。
この通りに配当を出すかはわかりませんが、仮にその水準で出すとするとかなりの高配当になります。

PERも5.7倍という割安すぎる割安です。

個人的にものすごく欲しいです。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る