あなたはいくつ当てはまる?お金が貯まらない人に共通する4つのこと

image

給料日になると、ちょっと豪華な夕食を食べ、欲しいものを買い、ウキウキしながら週末の計画を立てる、なんて人も多いのではないでしょうか。

しかし、そのようなお金の使い方をしていると、お金はあっという間に無くなってしまいます。

そして月末に毎回思うのです。
「何に使ったんだっけ・・・」と。

資産を築く人とそうでない人の違いは、ちょっとしたことをやるかやらないかです。

今日は、そんな資産を築けない人がやってしまっている、お金に関しての5つの誤りをご紹介します。

1. 予算を決めずに出費する

資産を築けない人に共通するのが、予算を決めずに衝動的な買い物をしてしまうことです。

買い物をする時は、必ず予算を決めることが大切です。
これは、決してお金を使わないようにするということではありません。

予算をしっかりと決めていれば、「これは本当に必要なものか」と考えるようになります。
そうすれば、無駄な買い物が減り、本当に自分にとって必要なものだけを買うようになるので、結果的に節約になるのです。

2. 昇給を考慮した計画を立てる

多くの会社員は、新入社員の頃から何年かは確実に給料が上がります。

しかし、その給料の増加を見越してローンを組んだり、生活水準を上げてしまうと非常に危険です。

当然、給料というのは、会社に対して貢献したことの対価として支払われるものです。
給料が増えれば増えるほど求められる貢献度は高くなって当然です。
そのため、たいていの人は給料の増加率が、年次を増す毎に減っていくものですが、給料は一定の増加率で増えていくと勘違いをしている人が非常に多いそうです。

人が一度上げた生活水準を下げるのは非常困難です。
よって、給料が増えたとき、下手に生活水準を上げてしまうのではなく、給料の増加分は全て貯金に回すという気持ちでいる人が、資産を築くことができるのです。

3. 外食が多い

給料日になると、同僚と飲みに行ったり、家族とレストランで食事に行きたくなるものです。
確かに、たまにの外食であれば、楽しいイベントです。

ただ、それをやり過ぎると、ただの浪費になってしまいます。
例えば、家族4人で外食すると平均で約1万円の出費になります。
週に2回外食をすると、月8万円もの出費となります。

これも、月始めに外食の予算をしっかりと決めて、外食に頼りすぎないように意識できる人が資産を築けるようになるのです。

4. オンラインショッピングを利用する

最近はなんでもオンラインで買えるようになり、ショッピングのハードルが非常に低くなりました。
しかし、その分多くの人にとっては、無駄遣いを増やす要因になってしまっているようです。

BigCommerceの調査によると、アメリカ人の96%もの人が週に5時間以上をオンラインショッピングに時間を費やしているそうです。

また、オンラインショッピングの利用者の半分以上が計画よりも多くお金を使っているといいます。

オンラインショッピングは非常に便利ですが、時間もお金も無駄にしてしまう可能性があることを認識できる人が、将来資産を築けるのです。

いかがでしたでしょうか。
どれも当たり前のことかもしれませんが、意外とやって しまっているという方が多いのではないでしょうか。

どれもやってしまっているという方は、是非行動を見直してみて下さい。

10年後に資産を築けているかどうかが決まってしまいます。

安田ヴァザリア(Gvasalia)

安田ヴァザリア(Gvasalia)

投稿者プロフィール

30代ビジネスマン。帰国子女。
海外の最新情報を中心に紹介する世界を飛び回っている。
「明日の仕事に役立つ」情報を定期的に配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る