野村総合研究所【4307】の今後の株価を分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は野村総合研究所【4307】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

野村総合研究所とはどんな会社?

野村総合研究所は、日本の最大手シンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーターです。

略称はNRI、野村総研。

1965年(昭和40年)、野村證券の調査部が分離独立し、発足したのがはじまりです。

そんな野村総合研究所、現在の社員数は12,578人です。

現在の株価は?

現在の株価は2,180円前後です。
取引単位は100株なので、21万円前後で野村総合研究所の株を所有することが可能です。

日本株の中では普通です。

ただ、21万円前後を支払えば、自らが野村総研の株主となり、優秀な野村総研社員が頑張って働いて得た果実を享受することができます。

野村総研に就職することは難しくても、野村総研の株主になることはすぐにでもできます。
株式投資ってすごいですね。

野村総合研究所のPER(株価収益率)は、現在24.81倍です。
25倍前後なので少し割高ですね。

配当利回りは、0.60%です。
配当はほとんどありませんね。

野村総合研究所の株主優待はありません。

野村総合研究所の長期チャート

長期で見ると上昇です。
特に2013年頃からしっかりとした上昇トレンドを描いています。
これはいい意味で意外でした。

直近1年間の短期チャート

こちらも堅調です。
2019年にはいってしっかりと上昇しています。
他の多くの日本株と異なり好調さがうかがえます。

野村総合研究所の売上高は?

いいですね。
着実に右肩上がりで売上を伸ばしています。
売上は直近でとうとう5,000億円を超えました。

野村総合研究所のEPS(1株当たりの利益)の推移です。

こちらはキレイな右肩上がりではありませんが堅調です。
いい感じです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

こちらは微妙ですね。
方向感がありません。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

直近のROEは12.27%です。
いいですね!合格ラインをしっかりと超えており、高ROEです。

最後に流動比率は2.29倍。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

野村総合研究所の今後をまとめると

実はあまり期待していなかったのですが、思った以上によかったです。
いい会社ですね。

就職難易度も高く、優秀な人材も揃っていると思います。
そういった会社に投資をすることで自らが働かなくても彼らに馬車馬のように働いてもらい、お金を手にすることができるのが株式投資の魅力です。
それが資本主義です。
7年前に「お前ら頑張ってくれよ」とポンと100万円投資していれば、なにもせずとも今は400万円くらいになっています。
当たり前ですが、資本主義においては資産が多ければ多いほど有利です。
ポンと5,000万円投資できる人は、今は2億円になっています。
なにもせずとも、1億5,000万円を儲けることができるのです。それってすごいことですよね。

そういったチャンスがみんなに均等に与えられています。
「あなたは能力が低いので野村総研に就職することはできません」と言われることはあっても「あなたは能力が低いので野村総研に投資することはできません」とは言われません。誰でも投資できます。

もっと皆さんにとって株式投資が身近になり、サラリー以外の収入を得ることが一般化すれば、この国の「豊かさ」のあり方も劇的に変わってくるかもしれません。

PERの高さは少し気になりますが個人的にもウォッチしたい銘柄でした。

投資を検討したい方は四季報やIRなどもチェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている35歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る