僕の貯金が1,000万円超えて変わったこと

こんにちは。今井バフェットです。

皆様、お元気でしょうか?
コロナの影響で外出できない方も多くいらっしゃいます。
東京が、日本が、世界が大変なことになってしまいましたね。

多くの人が、むしろ影響受けてない人なんていないんじゃないでしょうか。
早く良くなることを願うばかりです。

そんなこんなで近況報告

実は私、先日貯金がとうとう1,000万円を超えました。

3年前からの貯金の推移は以下です。

2016年
11月:7,250,000円

2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)

2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円

2019年
6月:6,900,000円

2020年
1月:10,700,000円→1,000万円達成!
2月:12,800,000円
3月:13,800,000円

一時は、事業への投資などで900万円あった貯金も500万円まで減ってしまいましたが、その後は順調に増え続け、今年2020年にはとうとう1,000万円を達成しました。

第一目標である4ケタを達成です。

1,000万円貯金した感想は?

素直に嬉しいです。
5年前なら1,000万円なんて途方もなく感じていたのですが、案外簡単に貯められることができました。

やはり最初に100万円を貯めることができたのが大きい気がします。

それまでは100万円も貯められなかったのですが、100万円が貯まると、300万円そして500万円とまとまったお金は崩れることなく雪だるまのように貯まっていきました。

お金の価値は変わった?

1,000万円貯まっても、何も感じないという人もいますが、僕自身には少し変化が表れています。

それは、お金の価値が変わったことです。

なにか困っても数年は働かなくてもよくなることでいい意味で心のゆとりができました。

貯金は正義、そしてお金は大事

そもそも会社を辞めることができたのも、すでにある程度の金額を貯めることができていたからだと思います。
貯金100万円未満であれば今も会社員をやっていたかもしれません(いや、むしろやっていました)。

ある程度のお金があることで、最悪いろいろダメになっても数ヶ月〜数年は暮らせるし、その間に仕事も探せばいいやという考えにいたることができます。

やはり、貯金は正義です。
まとまったお金を持つことは思っている以上に大きなチカラになります。

みんなどのくらい貯金あるの?

みんな貯金あるのか?

30代の貯金の中央値は240万円、40代は365万円、50代は600万円です。
(ちなみに平均値は529万円、694万、1,194万円)

そして、30代の4人に1人は貯金ナシor100万円未満です。

多くの人は、住宅・保険・通信費などの固定費にお金をかけすぎています。
日々のコーヒーなどを節約することよりも、大きなところから改革して貯めてみてはいかがでしょうか?

貯金100万円と貯金1,000万円ではモノの見方がすごく変わります

お金ですべては買えませんが、資本主義社会においてはお金を持つことは選択肢を確実に増やしてくれます。

僕の場合も、貯金がたまった段階でスモールビジネスをしたり、起業をしたり、そしてサラリーマンをやめ、社員を雇い、さらに規模の少し大きな事業をする、と好循環になっていくことを実感します。

そして、1,000万円の貯金を超えるとあっというまに1,400万円まで貯金が貯まりました。
資産は増えると、加速度がついてさらに増えていくのです。

コロナショックは願ってもない10年に1度の投資チャンス

そして今回のコロナショックです。
今回のコロナショックは10年に1度の投資チャンスだと考えています。
前回は2008年のリーマンショック。
実は、このときは私は貧乏な大学院生であったため資産が10万円ほどしかなく、大勝負もなにもできずただ指を加えているだけの状態でした。

しかし、今回は違います。
こういった場合に備えて、ために貯め、資金は1,400万円(10年前の140倍です)あります。

願ってもないチャンスが到来し、僕はある一つの日本株を買いました。
その額1,200万円分です。それを一点買いしました。

1,200万円のお金にもしっかり働いてもらう

今まではどちらかといえば節約と事業投資により1,000万円以上を貯めてきたのですが、ここから先のフェーズは投資によって資産を増やすことを考える必要があります。

もはやみんなが恐怖に陥り、超優良銘柄が正当に評価されていないこの時期に大量に仕込み続けて、5年10年で資産を3倍〜10倍にできたらと考えています。
(10年後に10倍にできればそれだけで資産が1億2000万円になります)

今井バフェットが全力投球した銘柄がどうしても気になる方はこちら
https://note.com/imai_buffett/n/ndce5d5fd0a5a

このブログではこれからも日本株を分析して、優良銘柄を探していくことを続けますが、それにプラスして皆さんも日々の支出を見直し、少しでも貯金を増やしていきましょう。

僕もまだまだ道半ばです。
一緒に長い道のりを歩んでいきましょう!

 

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている36歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!(→2020年達成)
次は、3,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円
2020年
1月:10,700,000円→1,000万円達成!
2月:12,800,000円
3月:13,800,000円
9月:18,800,000円
10月:21,200,000円
11月:22,400,000円

今回のコロナショックで投資を再開させました。
最大のチャンス!コロナショックで私が1,200万円全力投資した銘柄

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る