その差は膨大!年利数%の違いでこれだけ運用成績が異なるという真実

road-220058_1280

年間1%の利回りがどのくらい大切なのか?

投資信託の中には購入手数料を3%とられるものがあります。

そして、信託報酬を年2%近くとられるのもあります。

この1%や2%って複利運用する上では決定的な差を生みます。

例えば、私の現在運用資産は605万円です。
今後、年間300万円を投資に回し、目標利回りは8%で運用していこうと考えています。

そんな僕の未来を例に見てみましょう。

まずは50歳までの資産の推移

スクリーンショット 2016-05-22 19.16.07
目標通り行けば47歳で1億円を達成できそうです。

その後の20年。

70歳まで見てみましょう

スクリーンショット 2016-05-22 19.17.55

ここからは資産がサラリーマンでは決して増やすことのできない額に膨れ上がり、70歳で7億円を超えます。

さらに20年後

90歳までを見てみましょう

スクリーンショット 2016-05-22 19.19.12

資産はもはや手を付けられない額にまで及び、90歳まで生きられるとすると37億円まで資産は膨らみます

もちろんこうなる前に少しずつ分配金で買いたいものを買ったりするのでシナリオ通りになるとは思いませんが、これからそんなに変わらないレベルまでの資産は築くつもりです。

「無理だよ」と笑われても僕はできると信じています。

日本では考えられないでしょうが、現に過去のアメリカ株の平均リターンはこのくらいです。多くのアメリカ人が投資により一財産を築いています。

年利12%の世界はどうなるのか?

一方、さらにもう1段高い利回りとして12%でシミュレートしてみましょう。

年間4%の成績アップです。100万円だと4万円の差、300万円だと12万円の差です。
そんなに大したことない?

とんでもないです。

まずは、50歳までの資産の推移です。

スクリーンショット 2016-05-22 19.23.14

1億円に到達するのは46歳。
先ほどは47歳だったので、ほとんど差はありません。

次にその20年後

70歳までです。

スクリーンショット 2016-05-22 19.24.18

先ほどは70歳で7億どまり(これでもすごいですがww)だったのですが、年間4%の成績アップで22億7,800万円となり、その差は15億円となっています。

恐ろしい格差ですね。

そして、さらに20年。

90歳まで生きるとするとどうなるでしょう。

スクリーンショット 2016-05-22 19.26.04

83歳で100億円を超え、90歳で221億円となります

お金だけがすべてではないと僕も思いますが、これだけの資産をもち、何か人に貢献できる仕事を続け、人の役に立てるような寄付を行えば人生は経済的に成功といえるのではないでしょうか?

お金は使い方で品格が表れます。これだけ資産があっても私利私欲のみに使うような生き方ではとても賛成できませんが。

ちなみにウォーレン・バフェットに運用成績が生涯通して20%を超えると言われています。
そりゃあ6兆円もってることになるのも頷けます。

投資の力を感じるのは1億円を超えてから

このように、投資の力、特に複利の力は1億円を超えたあたりからおそろしく効いてきます。
決して労働所得では稼げないような額を得ることができ、その利益を再投資することで富は無限に膨らんでいきます。

富めるものはますます富めます。

ただ、ほとんどの人は1億円まで到達せずに一生を終えてしまうのでこういった力を実感することはないです。

「最初の100万ドルを貯めるのが最も難しい」というアメリカの格言もあります。

多くの人は住宅ローンや保険の支払い、定期預金などにお金を費やすのでこの額まで達しないからです。

ただ、シミュレーションでも分かる通り、投資の力はとてつもないものです。

それは、1億円を貯めるまでも圧倒的な追い風となってくれるでしょう。

単純貯蓄だと1億円を貯めるのに33年かかります。僕は65歳になっています。

一方投資の力を借りれば40代で到達することがかのうです。

僕はブログを通して、自分の人生を通してこの投資を力、複利の力を伝えていき、一人でも多くの人が投資をはじめてみようとおもうきっかけになれたらいいと思います。

10年後、20年後にはじめても圧倒的な差は埋まりません。

人生は有限です。
シェアブログの読者は30代が多いはず。今始めてもギリギリ間に合うかどうかです。

はじめるなら今です。

ぜひ投資に興味を持って下さい。
そしてやるならまっとうなアメリカ株長期投資を。

僕はマネックス証券を使っています。
使い易さNO.1!口座開設・維持費、口座への入出金、すべて無料!

口座開設は無料ですので気になる方はぜひ。

 

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る