投資判断で、オーバーウェイト、アンダーウェイト、ニュートラルとはどういう意味?

オーバーウェイトとは

アナリストの企業の評価で「オーバーウェイト」「アンダーウェイト」「ニュートラル」という言葉があります。

この意味わかりますか?

オーバーウェイトとは?

これは、オーバーウェイトだったら、強気ということ。
つまり、買いを意味します。

反対に、弱気であればアンダーウェイトということになります。

中間はニュートラルです。

オーバーウェイトのもう一つの言い方

また、オーバーウェイトではなく、アウトパフォーマンスという言い方をすることがあります。

アウトパフォーマンス(アウトパフォーム)とは、その銘柄のパフォーマンスがベンチマーク(アメリカ株ならS&Pとか)の予想されるパフォーマンスよりも良いこと。

反対はアンダーパフォーマンス(アンダーパフォームともいう)。

例えば、S&Pが今後10%上昇するとして、スタバの株が20%今後上昇するとすれば、アウトパフォーマンス。
反対ならアンダーパフォーマンスです。

スタバの株価は今後どうなる?

ちなみに、スタバの株価にたいする各アナリストの評価はこんな感じです。
(情報源:ブルームバーグ 2015年10月現在)

モルスタ         買い 目標株価63   10月19日
ジェフリーズ       買い 目標株価65   10月5日
ウェルズファーゴ     買い          10月13日
モーニングスター     中立          8月27日
RBCキャピタルマーケッツ 買い 目標株価64   10月14日

といった感じです。

オーバーウェイトが多いですね。

アナリストの予想は向こう1年の短期的なものがほとんどです。
僕は長期投資なので、目先の上昇に目をくれず、企業の分析をしっかりして、多少の変動にびびらず持ち続けたいです。

むしろ向こう1年が売りの株価で大きく下がったものほど買いたいくらいです。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る