「お、ねだん以上?」ニトリホールディングスの今後の株価を予想してみた

ニトリの株価予想

※2017年4月最新更新

気になる日本株を分析するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はニトリホールディングス【9843】。

株価を分析し、今後を予想していきます。

ニトリホールディングスとはどんな会社?

ニトリホールディングスは、北海道を地盤に家具・インテリアの専門チェーン店を展開。
主に収納家具およびリビングルーム家具、ダイニングルーム家具、ベッド、オフィス家具インテリア商品を取り扱っています。
同社は、自社ブランド商品や輸入品なども販売しています。

以下はWikipediaより引用。

北海道を中心に南は沖縄まで国内220店舗と台湾に17店舗を展開するチェーンストア指向企業。2010年11月に旧・株式会社ニトリが、持株会社「ニトリホールディングス」へ移行し、新たに「株式会社ニトリ」として設立された。 似鳥昭雄が創業して一代で大手家具企業に登りつめた。

「お、ねだん以上。ニトリ」をCMのキャッチコピーとし、家具業界では珍しく製造小売業 (SPA) のノウハウを取り入れ、「海外原材料の仕入→現地生産→輸入→店舗販売→商品配送」までほぼグループ直営で行う(持株会社制移行前は自社単体で行っていた)ことで、他社との差別化を図っている。学習机は年間7万7千台を販売し、全国シェアで日本一となっている。

創業の地・北海道においては、「ニトリ=家具店」のイメージが強いが、業態としては家具とホームファッションをともに扱う「ホームファニシング」に該当する。日本ではあまり馴染みのない言葉ではあるが、イケアなど欧米では一般的な業態である。実際、事業展開に当たっては、イケアを手本の一つにしているという。

ちなみに創業者の似鳥昭雄氏、かなりユニークな方だそうですね。
ニトリ創業者「豪快なだけじゃない」劇的半生 ー東洋経済オンライン

現在の株価は?

そんなニトリ、現在の株価は14,980円です(2017年4月)。

前回株価分析したときが8,420円(2016年2月末)だったので、80%近くも上昇しています。

そして、取引単位が100株単位です。なので購入するのに84万円程度かかります。

高いですね。

PERは27.69.倍。

25倍を超えているのでどちらかというと割高です。

配当利回りは0.61%。
こちらはほとんどないですね。

ちなみにニトリ、株主優待があります。
割引券(10%)を保有年数と株数に応じて配っています。

■保有年数1年未満
100株 … 5枚
■保有年数1年以上
・100株 … 10枚
・500株 … 15枚

10%の割引券って意外と使えそうですね。
ただ、ニトリの株主優待券1枚1,400円程度でヤフオクで売っています。
優待目的であるならば、80万円以上かけてわざわざ買う必要はありません。

 

過去20年の長期のチャートを見ていきましょう

ニトリの長期チャート

見ると、上場以来右肩上がりです。
最安値は2003年の904円。
そこから上昇し、15年には11,130円、そして17年には14980円をつけました。

なんと15倍近くに上昇しています。テンバガーどころではないですね。

直近3年間のチャートは以下です。

ニトリの短期チャート

こちらもキレイに上昇しています。イケイケな感じですね。

ニトリホールディングスの売上高は?

ニトリの売上高

しっかり右肩上がりです。美しいです。素晴らしいです。

 

次にEPS(1株当たりの利益)の推移です

ニトリのEPS

こちらもしっかり右肩上がり。「ザ・成長株」という感じがします。

 

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

ニトリのBPS

うん、こちらもキレイな右肩上がりです。
バッチリですね。

ROE(株主資本利益率)の推移

ニトリのROE

ROE(株主資本利益率)は合格ラインの10%をしっかり超えています。直近14.65%です。言うことないですね。

流動比率は2.25倍です。
こちらも1倍を超えていれば安全といわれているので問題のない数字です。

ニトリホールディングスの今後をまとめると

いずれの数値も良好。かなりの優良株です。

いいですね。
PERの高さと配当利回りの低さは気になりますが、人気を考えると適正といえます。
ただ、過去にはPERが10倍に近づくチャンスもあったので(FY2013は10.57倍)、そういったチャンスに購入できれば投資のパフォーマンスはグンと上がります。

優良企業に投資するだけではなく、「いかに安く買えるか?」を投資の神様ウォーレン・バフェットは重視します。

徹底的に取得コストにこだわりましょう。

とにかく、「お、ねだん以上。ニトリ」になるように、今後値を下げてチャンスが到来することを期待してます。

 

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. ヤム・ブランズの株価分析
  2. サーティーワンの株価分析
  3. 1179
  4. 家族
  5. ジャパンディスプレイの株価分析
  6. クラレの株価予想1706
  7. マイケル・コース株価分析
  8. 株式投資は危険か
  9. sliderimage03
  10. 無印良品の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る