おすすめ日本株、信越化学工業(4063)の今後の株価を分析してみた

信越化学工業の株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は信越化学工業【4063】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

信越化学工業【4063】とはどんな会社?

信越化学工業(読み方:しんえつかがくこうぎょう)は、合成樹脂や化学肥料などの化学品、また半導体シリコンおよび石英などの電子材料の製造および販売を行っています。

以下はWikipediaより引用

塩化ビニル樹脂、半導体ウエハ、シリコーン樹脂、希土類マグネットなどを主力商品とする。特に塩ビとウエハでは世界シェア首位。

近年、金川千尋会長によるトップダウン経営により急速に業績を伸ばしており、13期連続の増益を達成していた。東証1部の化学セクタに上場する企業としては唯一、TOPIX Core30に組込まれており、同セクタ内で最大の時価総額を誇る企業である。また、製品では業界内でシェアが高いものも多い。

そんな信越化学工業、社長は森俊三氏。
現在の社員数は17,892人(連結)です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は9,340円前後です(2017年1月)。
取引単位は100株なので、934,000円程度で信越化学工業の株を所有することが可能です。

うーん、高い。高すぎです。
一つの銘柄を買うのに100万円近くは高いですね。日本株が敷居が高いといわれるのはこういった点にあると思います。
早く単元株なんてなくして全部1株単位で購入できるようにすればいいのにと思います。

信越化学工業のPER(株価収益率)は、現在24.92倍。
こちらは25倍前後なので適正ラインです。

どちらかというと少し割高ですね。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、現在1.28%です。
そこそこあるという印象です。

信越化学工業の株主優待は、ありません。

過去20年の長期のチャート

信越化学工業の長期チャート

いい感じです。
下落しつつも直近でしっかり最高値を更新してきています。

上場来最高値は2017年の9,340円。
上場来最安値は1977年の138円です。

なんと67.6倍。
1977年に300万円投資していたら今頃2億300万円になっていました。

直近1年のチャートはこちら

信越化学工業の短期チャート

こちらも右肩上がりです。
しっかり買われているんですね。

多くの日本株が2016年は低空飛行だったのと大きくチャートパターンが異なっています。

買い場を探している人にとっては困りますが、右肩上がりは一般的に良いことです。

直近高値は2017年1月の9472円、
直近安値は2016年2月の5182円です。

信越化学工業の売上高は?

信越化学工業の売上高

売上は1兆円を超えています。さすが日本を代表する大企業です。
キレイな右肩上がりというわけではありませんが、しっかり最高値を更新しています。

信越化学工業のEPS(1株当たりの利益)の推移です。

信越化学工業EPS

こちらはキレイな右肩上がりです。
素晴らしいですね。
PERが高めなのも頷けます。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

信越化学工業のBPS

こちらもキレイな右肩上がりです。
かなりいい感じですね。

ROEと流動比率は?

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近7.46%。
10%は超えませんでしたが、日本株の中ではそこそこの高ROEです。

事業構造にもよるかと思いますが、今後10%を超えていくよう頑張ってほしいですね。

流動比率は5.15倍。
こちらは文句なしの数字です(一般的に1倍を超えればOKのところ5倍を超えています)

信越化学工業の今後をまとめると

いい感じです。
各数字の伸びがしっかりで、ROEも比較的好調です。

あと気になるのはPERと配当です。
大きく下落すればPERが下がり、配当も上がります。

長期投資で買うならそういったところを狙っていきたいですね。

いまはみんなが注目している時期です。
落ちるのを待ちましょう。

最後にウォーレン・バフェットの名言を送ります。

大半の人は、ほかの人が興味を示している株に興味を持つようです。
でも本当は、そうでない株に興味を持つのがベストです。すでに人気の株を買っても、高い投資利回りを残すようなことはできません。 

 

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. イケメンの見た目
  2. http://www.businessinsider.com
  3. shutterstock_230245711
  4. stock
  5. 2399205847_670be71685_b
  6. image
  7. サラリーマン不動産投資
  8. http://yuchrszk.blogspot.com/2015/11/blog-post_2.html
  9. 米国株投資ブログ
  10. 自動巻きとクオーツの違い

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る