2016年、上場後のグノシー(Gunosy)の今後の株価を分析してみた

Gunosyの株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はグノシー(Gunosy)【6047】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

グノシー(Gunosy)とはどんな会社?

グノシー(Gunosy)は、キュレーション技術を用いたインターネットコンテンツサービスを行い、顧客の要望に応じた情報やニュースの配信を行っています。

3分で雑談力をつける。〜今日のニュースや話題のニュースが 無料で読める〜」をコンセプトにしています。

そんなグノシー(Gunosy)、現在の社員数は88人です。
社長は福島良典氏。

現在の株価は?

現在の株価は940円前後です(2016年8月)。
取引単位は100株なので、94,000円程度でグノシー(Gunosy)の株を所有することが可能です。

10万円を切っているので日本株にしては安いですね。
これだったら比較的気軽に購入できそうです。

配当利回りはありません。

上場来の過去の長期のチャート

上場来のチャートはこちらです。

グノシーのチャート

2015年4月28日に東証マザーズに上場しています。

最高値は上場後すぐの2015年5月で2,055円です。
最安値は2016年2月の387円です。

こうしてみるとかなりの変動率ですね。
上場時ものすごく期待されていた銘柄が一時5分の1にまで落ち込んでいます。

現在は900円前後で推移しています。

グノシー(Gunosy)の売上高は?

まだまだデータが少ないのでなんともいえませんが、各四半期の売上高は大体10億円ほど。

BPS(1株あたり純資産)は?

グノシーBPS

こちらはここ数年はほぼ横ばいです。

最後に流動比率は7.55倍。
こちらは合格

グノシー(Gunosy)の今後をまとめると

データが少ないのでなんとも言えないのがホンネです。「まあ、がんばれ」と陰ながら応援しております。
Gunosy、個人的に一時期少し使っていましたが今は使っていないです。
便利そうだなとは思いますが、どうなんでしょうね。
可能性を感じている人は結構株価下げてる時狙って買うといいのかもしれません。

個人的にはそんなにおすすめはしません。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る