箱根小涌園ユネッサンやワシントンホテルで有名!藤田観光【9722】の今後の株価を予想

藤田観光の株価予想

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は藤田観光【9722】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

藤田観光とはどんな会社?

藤田観光は、関東を中心に日本全国でホテル、レストランおよび温泉などのリゾート施設を経営しています。宿泊主体型ホテルなどの「ワシントンホテル」および「ホテルグレイスリー」ラグジュアリーホテルの「ホテル椿山荘東京」、リゾート施設の「箱根小涌園」などがある。

いずれも有名なホテルやレジャー施設ですね。

以下はWikipediaより引用。

過去には、観光バスとタクシー・ハイヤーを核とする自動車事業も行っていたがバブル崩壊後の1995年(平成7年)10月に自動車部の事業は国際自動車(現在は分社化されてケイエム観光バス)に売却。藤田観光主体の無線タクシーグループの藤田無線は1995年10月以降は藤田観光自動車を除く残った春駒交通・日立自動車交通・ライオン交通の3社で運営をしてきたが、2006年(平成18年)2月で解散、事業は日本交通に譲渡、現在3社は日本交通グループとなっている。

結構手広くやっていたんですね。

事業内容について
藤田観光が経営する施設には、藤田組創始者である男爵・藤田伝三郎の本宅であった太閤園をはじめ、ワシントンホテル、ホテル椿山荘東京、椿山荘、小涌園 、箱根小涌園、箱根小涌園ユネッサンなどがある。
藤田観光の売上構成の内訳はワシントンホテルが約38%で最も高く、椿山荘を始めとした結婚式・宴会事業が約17%、フォーシーズンズホテル椿山荘東京(現在はホテル椿山荘東京)が約10%、箱根小涌園や箱根小涌園ユネッサンを始めとしたレジャー事業が約9%などとなっている。

そんな藤田観光、社長は瀬川章氏。
現在の社員数は1,270人です。

現在の株価は?

現在の株価は400円前後です(2016年8月)。
取引単位は1,000株なので、400,000円程度で藤田観光の株を所有することが可能です。
売買単位が1,000株単位って珍しいかも。

うーん、ちょっと高いですね。
株初心者には敷居が高いかも。

株主優待はこちら(藤田観光の公式HP)。

1,000株で年2回株主優待券10枚と提携施設株主優待券3枚を配布しているそうです。

株主優待はホテルの50%割引ができるそうですが、基本料金からですからね。
今ではお得な割引きプランとかあるし、どうなんでしょうか。

個人的にはそんなに惹かれない株主優待です。

気になる方は詳細調べてみてください。

 

藤田観光のPER(株価収益率)は、現在45.12倍。
ものすごく高いです。割高すぎます。

この時点で買う気失せてしまいます。

配当利回りは、1.01%です。
日本株にしては普通といったところ。

上場来の過去の長期のチャート

藤田観光の長期チャート

バブル期の1989年に最高値をつけた「典型的日本株」です。
その時から現在は大きく下げています。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

藤田観光の直近チャート

直近大きく下げています。直近安値は2016年7月の342円です。

藤田観光の売上高は?

藤田観光の売上高

ここ数年少しずつ右肩上がりです。

藤田観光のEPS(1株当たりの利益)の推移です

藤田観光のEPS

こちらはガチャガチャしています。マイナスの年度もありますね。
あまりよくないです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

藤田観光のBPS

こちらもなんともいえない結果です。
右肩上がりの形が理想のBPSであるところ、これはそれとはかけ離れています。

そして、直近の売上高の比率は以下です。

FY2015
ブライダル&ラグジュアリーホテル 43.7%
ホテルグレイスリー・ワシントンホテル 40.9%
リゾート 10.1%
その他ー不動産 5.3%
最後に、ROE(株主資本利益率)は直近0.12%
低すぎますね。話になりません。
ちなみにここ数年で一番高かったときでもFY2013の3.59%です。
全然低いです。

流動比率は0.55倍。
こちらも不合格です。

藤田観光の今後をまとめると

全然良いところがなかったです。
とても僕ら長期投資家は「手を出したくない銘柄」といえます。

気を取り直して次、見ていきましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. image
  2. ハウス食品の株価分析
  3. 太平洋セメントの株価予想1706
  4. アメリカ株配当金
  5. 日東電工の株価予想1706
  6. 八重山そば
  7. サイバーエージェントの株価分析
  8. 安川電機の株価予想1706
  9. Group of Business People in Office Building
  10. アメリカ株暴落

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る