最近プチ急騰している日本株。富士通【6702】の今後の株価の見通しは?

富士通の株価見通し

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は富士通【6702】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

富士通とはどんな会社?

富士通は、半導体、コンピューター、通信装置などを製造しています。総括的な情報技術ならびにネットワーク・テレコミュニケーションソリューション、インターネットサービスも提供しています。

以下はWikipediaより引用

富士通株式会社(ふじつう、英: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーでもある。ITサービス国内首位、世界上位。大手電機8社の一角(日立製作所、東芝、三菱電機、パナソニック、ソニー、シャープ、富士通、NEC)。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。

理化学研究所と共同開発したスーパーコンピュータ「京(けい)」が、計算速度のランキングで世界首位を獲得(2011年時点)。また「非接触型 手のひら静脈認証」などの世界初の商品を開発し、第17回 顧客満足度調査(調査:日経コンピュータ)のハードウェア分野において8部門中6部門で首位を獲得するなど高い商品力を誇る。

グローバル(世界100ヶ国以上)にビジネスを展開し、約16万人の連結従業員と3246億円を超える資本金を擁し、売上高4兆7000億円を超える大手企業である(2015年時点)。環境保全に積極的であり、世界有数のICT専門誌『Computerworld』の‘グリーンIT ベンダートップ12社’(IT機器における省エネと電力を節約してCO2排出を減少させる技術の利用において最も優れているITベンダーのランキング)で、2年連続で世界首位を獲得(2011年時点)。
国内のIT業界・就職人気企業ランキングのメーカー部門で首位、総合部門で第2位にランクインするなど高い人気を誇っている(2011年時点)。また、これまでの人生において何らかの高い実績を上げた人が対象である『Challenge & Innovation採用』(新卒採用)を2010年度に新設した。その採用ではラクロスやシンクロナイズドスイミングの日本代表選手、俳句や囲碁で学生日本一になった者、また現役で公認会計士試験に合格した者や国際的なビジネスコンテストで優勝を果たした者など、幅広い層の人材を獲得することに成功している。
9人制バレーボール男子部は、全国タイトル計35回(歴代最多、都市対抗4回・全日本実業団9回・国体8回・全日本総合8回・桜田記念6回)を誇る強豪と知られる。

そんな富士通、社長は田中達也氏。
現在の社員数は156,515人です。

現在の株価は?

現在の株価は500円前後です(2016年8月)。
取引単位は1,000株なので、500,000円程度で富士通の株を所有することが可能です。

高いですね。
日本株に特有の高さです。初心者が気軽に投資をするにはハードル高めです。

富士通のPER(株価収益率)は、現在11.56倍。
10倍割ってはいないものの、この水準ならけっこう割安だと思います。

配当利回りは、1.56%です。
まあまあですね。

上場来の過去の長期のチャート

富士通の長期チャート

上場来最高値は1999年で4,660円です。
ITバブルの頃ですね。多くのIT企業がこの時株価異様な最高値を付けました。
一方、最安値は1974年の222円です。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

富士通の直近チャート

今年に入って大きく落ち込んでいましたが、直近回復していきました。
コスト削減効果が徐々に出てきており、ビジネスモデル変革の加速に期待する市場参加者の買いが入ったようです。

直近最安値は2016年7月の343円。
われわれ割安株を狙う投資家はこういった押し目で買いたいところです。

富士通の売上高は?

富士通の売上高

微増といったところでしょうか。
悪くはないですね。

富士通のEPS(1株当たりの利益)の推移です

富士通のEPS

こちら、マイナスの年度もあったり、直近落ち込んだりとあまり安定していません。
微妙ですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

富士通のBPS

右肩上がりのBPSが長期投資に理想的な形であるところ、富士通のBPSは理想とはいえません。
凸凹ですね。

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近11.03%
日本企業で2桁のってるのは立派です。
これは合格。

流動比率は1.27倍。
こちらもしっかり合格です。

富士通の今後をまとめると

わるくはない会社ですね。
ただ、売上・EPS・BPSの伸びが足りない気がします。
配当も少ないですし。

わるくはないけれどものすごく欲しいという銘柄でもありません。

あと、現在プチ過熱中なのでもし買いたいなら一旦押し目をつけたところの方がいいと思います。
それまで待てないなら買う必要もないです。

ウォーレン・バフェットもいいますが、チャンスを辛抱強く待ちましょう。
それが投資で成功する秘訣です。

まあ、僕は現時点では買いませんけど。

では、次行きましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る