チームのことだけ、考えた。ーサイボウズ「100人100通りの人事制度」とは

サイボウズについて

こんにちは。ワンパナソニック濱松誠です。

尊敬する起業家・経営者のサイボウズ社長である青野慶久さんの著書「チームのことだけ、考えた。」を読みました。

お薦め。絶対読んでほしい。

まさに理想の追求。

青野さんに実際にお会いし、サイボウズにお邪魔したことも

実は以前、One Panasonicのイベントでも青野さんにお話を頂いたし、サイボウズオフィスに訪問もさせていただいたことがあります。

けれど、この本を読んで改めて感動しました。

この本に書かれていることに惹かれる理由はたくさんあるけど、その中のひとつは青野さんが色々なことを試して失敗をしているから。
そこで試行錯誤された結果、生み出されたものが素晴らしい。

ネーミングセンスも素敵

ネーミング例がこちら。

・理想の追求
・多様性
・公明正大と自立
・チームワーク
・ウルトラワーク
・複業(副業)
・育自分休暇制度(出戻り)
・部活動支援
・人事部感動課

どれも素敵ですね。

サイボウズには不思議な縁がある

サイボウズという会社とは不思議な縁があります。

青野さんは、松下電工の卒業生で、パナソニックアルムナイパーティーにもお越しいただきました。
青野さんが卒業生であることが誇らしい。

そして、上記の人事制度を青野さんと一緒に作られた副社長の山田 理さんは大学の先輩。
この方も本当に面白い。
7,8年前に母校でお会いしてから何度かお会いして、アドバイスをいただいた。
この方のセンス、嗅覚はすごい。

それから、現人事役員の中根 弓佳さん。
大阪の大企業出身の方。
話が合う。リズムが合う。関西人だからか、ウマが合う。
素敵な方。

最後に、人事部感動課の福西 隆宏さん。
もう去年のことだけど、リクルートキャリア主催のグッドアクション2014で、社内コミュニケーション部門賞をサイボウズ 人事部感動課とOne Panasonicが共に受賞した。
本当に素晴らしい取り組みで、ご本人も個性的で面白い。

とにかくこの本、おすすめです

新オフィスもすごく素敵で、是非訪ねてほしいし、皆さんと話してみてほしい。
けど、そんなことを言っても逆にご迷惑がかかるので笑、人・組織に興味関心のある方は是非この本を読んでみてほしい。
「チームワークあふれる社会をつくる」
「100人100通りの人事制度」
働いたことはないけど、サイボウズ、本当に素敵です!

濱松誠

濱松誠パナソニック社員、有志の会One Panasonic発起人・代表

投稿者プロフィール

大学卒業後、パナソニックに入社。
海外営業を経て、自ら手を上げて人事へ異動。
パナソニックの人材戦略を企画・立案する傍ら、有志の会One Panasonicを創設。

現在では2000人まで広がり、風土改革、イノベーションの種をまいている。

また、社内だけではなく、他の大企業を巻き込んだ取り組みも推進中。

より良い日本、より良い社会にするために、私たちの取り組みや色々な企業の現場で頑張っている人たちを紹介していきたい

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る