今が旬!冬に食べないともったいない寿司屋の通なネタ

image

日本人なら誰もが大好きなお寿司。

最近は回転寿司ばっかりで、カウンターの寿司屋に行ったことが無いという人もチラホラいるようです。

30代も過ぎてくると会社の付き合いなど、カウンターの寿司屋に行く機会も出てくるころかと思います。
いざ、カウンターデビューとなった際に何を食べれば良いのか、迷ってしまうこともあるかも知れません。

image

好きなもの、食べたいものを食べれば良いんですが、せっかくなのでおいしい旬の寿司を堪能したいですよね。
なので”コレを頼めば間違いない”という冬が旬の寿司ネタを紹介したいと思います。

 

冬が旬の寿司ネタ5選!

鰤(ブリ)

image

寒ブリと名前がついている通り冬が旬のブリ。
冬場は脂が乗ってとても美味しくなります。
醤油をつければ醤油に脂が浮くほどの脂の乗り具合。

鮪(マグロ)

image

年中食べることのできるマグロですが、こちらも旬は脂の乗った冬。
特に本マグロは黒いダイヤと呼ばれるほどの高級品。
旬のマグロはひと味違います。

甘えび

image

こちらの年中食べることのできる甘えびですが、そのほとんどは輸入物。
日本海近海で取れる国産の甘えびは冬が旬。
名前の由来の通りの甘くてとろけるような身が味わえます。

 

平目(ヒラメ)

image

白身の高級魚のヒラメ。ヒラメの旬も冬です。
脂が乗りつつも、身が引き締まっていておいしいです。
ちなみにヒラメなど白身の淡白なものから始め、徐々に味の濃い赤身のネタを食べるのがツウです。

烏賊(イカ)

image

コウイカやヤリイカは冬が旬。
イカの味でその店の質が分かると言われるほど繊細なネタ。
旬の新鮮なイカはとっても甘くておいしいです。

 

他にも赤貝やズワイ蟹も冬が旬の寿司ネタになります。

カウンターの寿司屋に行った際は、旬のネタを頼んでおけば間違い無し!
ツウに見られる上に、素材を存分に素材を楽しむことができます!

旬の味覚は今しか味わえません。
今すぐお寿司屋さんへ駆け込みましょう!

ジェット中山

ジェット中山駅ビルグルメの会 会長

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。

「本当にうまいものは駅ビルにある」との信念のもと、駅チカの美味しいレストランを求めて駅から駅へと渡り歩く。

自信の料理の腕もセミプロ級であり、将来脱サラしてイタリアンのお店を開くのが夢。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る