【ブラピやベッカム、ビートたけしも】あの超有名人が愛用している高級腕時計のブランドやモデルは?

ベッカムの腕時計

有名人がどんな腕時計をつけているか、気になりませんか?

今日は、超一級の有名人が着用している腕時計のブランドやモデルを紹介します。

ハリウッドスター ブラッド・ピット

ブラピの腕時計私物
様々なアクション映画に登場してはヒロインを務めるイケメンハリウッドスターのブラッドピット。
彼の愛用している時計が「パテックフィリップ ノーチラス」です。

ハリウッドスターの腕時計

パテックフィリップと聞くだけで、高級時計界のなかでも最高級時計の値段を誇るブランドですが、やはり世界のハリウッドスターや大物だからこそ似合う価値がそこにはあります。

ラグジュアリーでありながら、スポーティーにフィットする時計であり、落ち着いたデザインがまた大人の渋さを演出します。

映画に登場する時計は、個人の所有物であるという話もありますが、パテックフィリップに関してはプライベートでのみ着用しているようです。
その他、ロレックスシリーズ多数有るそう。うらやましい・・・

北野 武

ビートたけしの腕時計
次は、世界のキタノです。ビートたけしと言ったほうがパッとくるでしょうか。
実は影のパテックフィリップの愛用者であり、使用しているモデルは「パテックフィリップ クランドコンプリケーション」です。最高級時計ブランドの中でも最高級モデルです。

ビートたけし愛用腕時計
永久カレンダーという機能を搭載しており、閏年を含む2月末まで自動的に調整するのが永久カレンダーです。
その仕組みはテコの原理を利用しており、これを応用して日付を送るという仕組みです。

具体的には48カ月分の切り欠きを備えたディスクを使用しており、最も深い切り欠きが28日、次に深いのは29日、続いて30日、そして切り欠きがないのが31日といった形になっており、この切り欠きの深さに応じてレバーの動く量が変わるという仕組みです。
最も深い28日の場合、レバーが動く量は一番大きく、4日分動きますが、切り欠きのない31日の場合は追加の早送りはありません。

テコの原理と48カ月ディスクで月末の日付を調整するのが永久カレンダーの基本的な仕組みです。

このように言葉で説明することすら非常に難しい機構を備えた時計を職人の手作業で創り上げるパテックフィリップは、本物の追求をする者しかたどり着かないロマンを感じさせるということでしょうか。

デビッド ベッカム

ベッカムの腕時計

この名前を知らない人はいないのではないでしょうか。元サッカーワールドカップ・イングランド代表選手です。言わずと知れたベッカムの髪型は日本に流行をもたらし、ベッカムヘアーの名を刻みました。
そんなベッカム実は大の時計好きで、高級時計は多数所有しているとの事です。
そんな彼がプライベートでしきりに着用するのが「ロレックス ディープシー」です。

ベッカム愛用腕時計
これはロレックスが研究に研究を重ね、深海3,900メートルまで防水性能を発揮する、最高峰のダイバーズウォッチです。このモデルは何と言ってもロレックスモデルの中で最大サイズであり、特徴はヘリウムガスエスケープバルブを搭載していることです。

これはダイバーが深い潜水から浮上時に時計内部のヘリウムを自動的に排出する装置で、この画期的機構の搭載によって飽和潜水にも対応可能になりました。見るからに腕に巻きつくその存在感は、元世界のサッカー選手 デイビットベッカムも選んだ時計で、人気を誇ります。

 

あの憧れの人がつけている腕時計、そんな基準で腕時計を選ぶのもまたおもしろいかもしれません。

時計マニア ことり

時計マニア ことりとり事務所 代表鳥締役

投稿者プロフィール

映画のワンシーンに登場したロレックスの眩い姿に感銘を受け、時計に興味を持ち始める。

様々な時計を調べ、時計好きの友人と時計の会を定期開催など情報共有の場を積極的に展開してゆく。

腕時計の専門家として、ロレックスを中心にオススメの時計・ニーズに合わせたモデルをコーディネート・提案するサポート行っている。
とくにビジネスマンにおすすめの高級腕時計の造詣が深く、最近流行りのスマートウォッチなど業界の動向もかかさずフォローしている。

自称無類の時計マニアです。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る