株主優待と高配当でおすすめ!日本航空(JAL)の株価を分析してみた

日本航空JALの株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は日本航空【9201】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

日本航空(9201)とはどんな会社?

日本航空(読み方:にほんこうくう)は、国内・国外で航空運送関連業を営んでいます。主に定期および不定期航空輸送サービスや貨物の取扱いを行っています。またリゾートホテル経営や旅行企画販売なども営んでいます。

JAL(Japan Airlines)ですね。
お馴染みの航空会社です。

以下はWikipediaより引用。

日本航空株式会社法が、1953年(昭和28年)に施行されてから、日本のフラッグ・キャリアである。
国際線は東京国際空港(羽田空港)や成田国際空港、関西国際空港を拠点に、アジアや欧米、オセアニアに、国内線は東京国際空港や大阪国際空港(伊丹空港)、新千歳空港などを拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網をもつ。世界的な航空連合である「ワンワールド」に加盟している[7]。日本では全日本空輸と並ぶ主要な航空会社である。

JALグループ再編の一環として2004年に日本航空株式会社から「日本航空インターナショナル」に社名変更し、国際線と一部の国内線を担当する会社として発足したが、のちに国内線の多くを担当する日本航空ジャパンを吸収合併したことにより、JAL便の運航を受け持つ単一の事業会社となった。2010年1月に会社更生法の適用を申請、更生手続の過程で持株会社「株式会社日本航空」や金融事業会社「ジャルキャピタル」などを吸収合併した。グループを代表する中核事業会社として、一般には旧持株会社同様、日本航空、日航、JAL(ジャル)と通称される。

また、JALの機内食の豆知識をひとつ。

2011年から「JALの新しい機内食」と題し、日本の厳選された食材をふんだんに取り入れた機内食メニューを展開するほか、スープストックトーキョー、たいめいけん、モスバーガー、吉野家、日清食品といった日本企業とのコラボレーション企画を行うなど、日本品質のサービスに力を入れている。

一部区間を除く国際線と国内線ファーストクラスで提供されており、メニューは路線や機内クラスによって異なる。

国際線では通常の機内食のほかに、糖尿病食や低カロリー食、低たんぱく食等の特別食や、ヒンドゥー教やイスラム教、ユダヤ教徒やベジタリアンなどのための機内食、12歳以下の子供用や幼児用の機内食も用意されている。
これらの特別機内食を希望する場合は事前の予約が必要である。

そんな日本航空、社長は植木義晴氏。
現在の社員数は31,986人(連結)です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は3,622円前後です(2017年1月)。
取引単位は100株なので、362,200円程度で日本航空の株を所有することが可能です。

決して安くはありませんが、日本株を買うのはこのくらいお金がかかります。
日本株って本当に高いですね。ちなみにアメリカ株は1株単位で売買できるので10,000円前後で買える株がゴロゴロあります。

日本航空のPER(株価収益率)は、現在9.22倍。
10倍を割っているので、かなり割安のラインです。
いいですね。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、2.91%です(FY2016)。
日本株の中では結構な高配当ですね。
いい感じです。

日本航空の株主優待は、100株で国内線の全路線が半額になるチケットが年に1回もらえます。

東京から九州で大体50,000円なので、その半額25,000円分が浮きます。
362,200円で25,000円なので実質利回りは約7%です。

国内線を毎年必ずのる人にとっては悪くないかもしれません。

ただ、この株主優待券ヤフオクで4,000円前後で売っています。

日本航空の株主優待の詳細はこちら(JALのIR情報)

過去20年の長期のチャート

日本航空(JAL)の長期チャート

上場は、2012年9月19日です。
うーん、といったところ。
難しいですね。上昇トレンドの最中の押し目と見えなくもないです。
3,000円が絶好の押し目買いのポイントでしたね。

直近1年のチャートはこちら

日本航空(JAL)の短期チャート

こちらは、パッとしません。

2016年総じて下げていましたが、年末のトランプラリーから少し回復してきています。

直近高値は2016年1月の4,476円、
直近安値は2016年10月の2,931円です。

日本航空の売上高は?

日本航空(JAL)の売上高

いい感じで伸びていますね。
直近横ばいですが、それまでは右肩上がりです。

日本航空のEPS(1株当たりの利益)の推移です

日本航空(JAL)のEPS

こちらは微妙です。
右肩上がりではないですね。
長期投資に適したEPSはしっかりの右肩上がりであることです。
このEPSの推移はそれとは違います。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

日本航空(JAL)のBPS

こちらはキレイな右肩上がりです。
BPSはバッチリですね。

ROEと流動比率は?

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近21.54%。
まじか!なんとまさかの20%超えです。

実はJALは過去のROEもトップクラスの高ROEです。
FY2013 36.01%
FY2014 26.49%
FY2015 20.32%

いずれも素晴らしい数字ですね。

おそるべしJAL。
一気に欲しくなりました。

流動比率は1.71倍。
こちらも問題ありません。

日本航空の今後をまとめると

いい銘柄ですね。
PERが低く、高配当で、数字の伸びもわるくない。
そして、ROEがかなり高めなのが決めてです。
そして、国内飛行機50%オフの株主優待券もいいです。

結構ほしいかもしれない、と個人的にも思いました。

でも、航空業界ってウォーレン・バフェットが投資して(USエアウェイズ)大火傷したんですよね。

こんな名言もあります。

「ある団体のフリーダイヤルを番号を教えてもらいました。 もしどうしても航空会社の株を買いたくなったら、そこに電話して 『ウォーレンと申します。アルコホリック(アルコール依存症)ではないのですが、エアロホリック(航空株依存症)なんです』 と言うのです。 電話に出てくれた係の人が、きっとなだめてくれるでしょう」

うーん、迷いますね。
とりあえず僕は様子見です。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 一目均衡表とは
  2. 961253
  3. Financial Analysis,shot with very shallow depth of field.blue tone
  4. 8f1d0dfcd00c7b06abc25abed8b69dbc_m
  5. img_62117_1
  6. 20131114_chiaki_28
  7. maxresdefault-5
  8. ジャパンディスプレイの株価分析
  9. mac-google
  10. 日立の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る