富士フイルムホールディングス(4901)の今後の株価を予想・分析してみた

富士フイルムホールディングス株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は富士フイルムホールディングス(4901)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

富士フイルムホールディングス(4901)とはどんな会社?

富士フイルムホールディングスは、カラーフィルムおよびデジタルカメラ、フォトフィニソシイング機器などのイメージングソリューション、メディカルおよびライフサイエンス用機材の開発および製造・販売を行っています。

また、オフィス用被写体やプリンターなどのサービスも提供しています。

ちなみに富士「フィルム」ではなく富士「フイルム」(イが大文字)です。
「キャノン」でなくて「キヤノン」みたいなものですね。

富士フイルムといえば、「写ルンです」。
最近、若い女性を中心に再びブームがきているそうです。

そんな富士フイルムホールディングス(4901)、現在の社員数は80,322人です。
日本を代表する大企業です。NIKKEI225の構成銘柄でもあります。

現在の株価とPERは?

現在の株価は4,040円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、40万円前後で富士フイルムホールディングス(4901)の株を所有することが可能です。

高いですね。一つの銘柄に40万円近くは少し初心者には手が出しづらいです。

そして、富士フイルムホールディングス(4901)のPER(株価収益率)は、現在15.56倍です。
15倍前後なので適正(どちらかといえば割安くらい)です。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、1.73%です。
高配当とまではいきませんが、少しは配当があるといった印象です。

そして、富士フイルムホールディングス(4901)の株主優待は100株でヘルスケア商品のトライアルキットや優待割引などがもらえます。

他にも3年以上500株でフォトブック作成クーポン(4,000円分)などがもらえるそうです。

うーん、あまり魅力的とはいえません。わざわざ50万円払ってトライアルキットとかほしくないです(欲しい方はいるのかもしれませんが)。

しかし、気になる方は詳細は富士フイルムの株主優待情報をご覧下さい

過去20年の長期のチャート

富士フイルムホールディングス20年チャート1706_2

結構上下に動いていますね。
テクニカル的に大きくさげた2012年なんかは買い場でしたね。

直近3年のチャートはこちら

富士フイルムホールディングス3年チャート1706_2

方向感ないですね。
どちらかというと2016年からは軟調な展開です。

富士フイルムホールディングス(4901)の売上高は?

富士フイルムホールディングス売上高1706_2

うーん、キレイな右肩上がりではありません。
ただ、FY2014から売上のボリュームが上がっている点は評価できます。
もっとキレイに上がっていけたらいいんですけどね。

富士フイルムホールディングス(4901)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

富士フイルムホールディングスEPS1706_2

こちらはそこそこいい感じです。
FY2012からはキレイな右肩上がりです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

富士フイルムホールディングスBPS1706_2

こちらは緩やかに上げています。
まあまあといったところです。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

富士フイルムホールディングスROE1706_2

ROE(株主資本利益率)は直近5.75%です。
低いですね。典型的な日本株です(悪い意味で)
合格ラインの10%はまだまだです。
今後に期待ですね。

流動比率は2.94倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

富士フイルムホールディングス売上高比率1706_2

世界各地にしっかりと売上があるんですね。すごいですね。

富士フイルムホールディングス(4901)の今後をまとめると

「写ルンです」好きとしては頑張ってほしいです。

が、「投資したいか?」といわれるとそこまでには至りませんでした。
ROEも低いし各数字の伸びもいまいちです。

無理して投資をする銘柄でもありません。

次、行きましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 3d77d151d1b5a5f51a913520196fd00d
  2. programmer-work-office-laptop
  3. 日新製鋼の株価予想021706
  4. 15578940_1380879401944254_2155350555374768354_n
  5. 米国株投資ランキング
  6. img_butastaminadon560
  7. soldes_ete2014_01
  8. インドオススメホテル
  9. 伊藤忠商事の株価予想1706
  10. 三菱重工業分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る