三菱商事(8058)の今後の株価を予想・分析してみた

三菱商事の株価分析予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は三菱商事(8058)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

三菱商事(8058)とはどんな会社?

三菱商事は総合商社です。
新機能事業、情報産業、燃料、金属、機械、化学品、生活産業、職能などで形成されるビジネスグループがあります。
同社はジョイントベンチャーを通じて衛星通信事業も行っています。

以下はWikipediaより引用

三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅と共に、いわゆる五大商社の一つ。

貿易仲介を中心とした口銭を稼ぐビジネスが中心であったが、藤野忠次郎が社長に就任した1970年代より資源開発への直接投資(天然ガスや原料炭)を手掛けるようになり、1980年代には菱食(現 三菱食品)などの食料流通などのバリューチェーンの構築を展開、1990年代に入り、コンビニエンスチェーンローソンを通じた消費者マーケットの開拓など、川上から川下までの領域にわたっての投資や経営参画を通じて収益を上げる体質変化を遂げ、収益拡大を続けている。

平均年収1,300万円(30歳から34歳の平均年収は1,085万円)という就活生にとっては憧れの企業です。

ただ、就活生が三菱商事に就職ができなくても、投資をすればこういった社員たちが社畜のように働いた利益を享受することができます。
投資って改めて考えるとすごいことです。
誰でも、お金さえ出せば、上場しているどんな企業にも投資をすることができます。そして、放置していても優秀な社員や役員が勝手に頑張って利益を上げようとしてくれます。

投資をした瞬間に力関係は「あなた>三菱商事の社員」となります。

そして、不動産のように値付けが不透明なこともありません。みんなが同じ価格で買うことができます(手数料除く)。
資本主義ってそういった面ではかなり公平です。労働者の側にいつまでもいて「リスクが怖い」といって投資をしないのはもったいないです。

話それましたが、そんな三菱商事(8058)、現在の社員数は68,247人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は2,233円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、23万円前後で三菱商事(8058)の株を所有することが可能です。

うーん、一つの銘柄に30万円オーバーはちょっと高いですね。
とはいえ日本株の中では大体平均くらいです。
高いのは100万円超えもあります。

三菱商事(8058)のPER(株価収益率)は、現在8.04倍です。
10倍以下なので低PERです。
かなり割安といえます。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、3.58%です。
いいですね。3%超えです。
日本株のなかでも高配当の部類に入ります。

低PERで高配当、ワクワクします。

そして、三菱商事(8058)の株主優待はありません。

過去20年の長期のチャート

三菱商事20年チャート1706

リーマンショックで大きく下落後は、2000円台を推移する方向感のない相場です。
テクニカル的にもし買うなら2,000円割れを待ちたいです。

直近3年のチャートはこちら

三菱商事3年チャート1706

こちらも方向感がありません。2016年に底値をつけ、その後は比較的堅調です。
しかし2017年に入ってからは一転、軟調となっています。

三菱商事(8058)の売上高は?

三菱商事売上高1706

山のようです。
FY2015から緩やかに下げています。
商社はどこもこんなカタチですね。

三菱商事(8058)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

三菱商事EPS1706

FY2016だけマイナス。その後は回復しています。
これだけではなんとも言えません。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

三菱商事BPS1706

こちらはFY2016から少し数字が減ってしまっています。
ただ、全体的には右肩上がりです。
まあまあですね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

三菱商事ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近9.26%です。
合格ラインの10%を超えてはいないものの、日本株の中では比較的健闘している方です。
ただ、他の総合商社(丸紅や伊藤忠など)が軒並み10%を超えているので少し評価は辛めになってしまうかもしれません。

流動比率は1.38倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

三菱商事売上高比率1706

日本が65%、その他が海外です。
もうちょっと海外比率高いと思っていたので意外です。

三菱商事(8058)の今後をまとめると

低PERで高配当な点は魅力でした。

ただ、他の数字がイマイチでした。

なので、個人的に投資をしたいと思えませんでした。
同じ総合商社ならまだ伊藤忠商事(8001)の方が気になります。

とはいえ、やはり「ザ・総合商社」の三菱商事です。
優秀な社員も集まるので今後に期待もあります。

気になる方は四季報などで詳細チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. shutterstock_24904528
  2. 01-2-2
  3. p_main
  4. 日本製紙の株価予想1706
  5. キャノンの株価分析
  6. phpDsCrdm_5986858bf4080
  7. Business meeting
  8. シスコの株価分析
  9. http://www.businessinsaider.com
  10. f3298_01

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る