コロナ後はどうなる?東芝【6502】の今後の株価の見通しを予想

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は東芝【6502】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

東芝とはどんな会社?

東芝は、各種電気製品を製造販売しています。デジタルプロダクツ事業ではパソコンやテレビ、電子デバイス事業ではNAND型フラッシュメモリーやシステムLSI、社会インフラ事業では発電機や医療機器、家庭電気事業では家電製品を生産しています。

以下はWikipediaより引用

株式会社東芝(とうしば、英称:TOSHIBA CORPORATION)は、大手電機メーカー。大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)の一角。重電8社(日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、日新電機、ダイヘン、東光高岳)の一角。また、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。半導体メーカー国内最大手。

東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。
東芝の事業はテレビや半導体などの他にも、重電機、軍事機器、鉄道車両などの重工業分野にも事業展開をしており大手重電4社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれ、世界的知名度を誇っていた。
しかし、後述の粉飾決算事件を受けて、2016年2月までに、半導体の製造ラインを、中華人民共和国と台湾に本社を持つ友順科技股份有限公司に売却した。これにより、戦闘機など自衛隊の防衛機器の半導体は、中華人民共和国や台湾からの輸入に頼らざるを得なくなった。
また、2015年に発覚した粉飾決算事件を契機とし白物家電事業と医療機器事業は2016年に売却され、総合電機の生産を終了した。
冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ、炊飯器など家電製品の国産化第1号の製品が多く(電子レンジと炊飯器以外は1930年代に開発された)、白物家電の日本におけるパイオニアであった。
電機メーカーとしては、最初に委員会設置会社に移行した企業でもある(移行した2003年当時は、委員会等設置会社。現在の指名委員会等設置会社)。
委員会設置会社となってからは、会長は代表権を有さない取締役会長となっていたが、2016年6月より代表執行役会長を新設した。
東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)・月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)・三井業際研究所・綱町三井倶楽部に加盟している。
ブランドタグラインは「TOSHIBA Leading Innovation>>>」(2006年10月2日制定)。

そんな東芝、現在の社員数は141,256人です。

日本を代表する大企業ですね。

現在の株価は?

現在の株価は3,400円前後です。
取引単位は100株なので、34万円程度で東芝の株を所有することが可能です。

うーん、少し高いですね。
一つの銘柄に30万円というのは少し初心者にはハードルが高いかもしれません。

東芝のPER(株価収益率)は、現在算出できません。

配当利回りはありません。

東芝の過去の長期のチャート

 

何度か大きな山を経験しています。

ただ、全体的に軟調です。長期投資が報われないパターンですね。
そして得てしてこういう銘柄は今後も長期投資が報われません。

ちなみに、上場来最高値は1989年のバブル期という典型的な日本株です。
現在最高値の4分の1以下まで落ち込んでいます。

直近1年のチャートはこちら

 

コロナショックで大きく下落したのですが、その後しっかり反発しています。
まだまだ戻り切れていない銘柄も多い中、東芝は比較的回復力が高めです。

東芝の売上高は?

 

右肩下がりです。
うーん、よくないですね。

東芝のEPS(1株当たりの利益)の推移です

 

うーん、よくはないですね。
イヤなにおいがプンプンします。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

 

こちらはガチャガチャしています。
長期投資の理想はキレイな右肩上がりです。
よくはないですね。

ROEをみていきましょう。

こちらもガチャガチャしていてよくないですね。
ちなみに、FY2017は純資産がマイナスでさらに純利益もマイナスなので、そのままROEを計算するとプラスになってしまうので集計から除外しました。

最後に、流動比率は1.45倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

 

東芝の今後をまとめると

日本を代表する大企業なので頑張って欲しいですが、数字はいずれも厳しいですね。
直近だけ大きく落ち込むというのではなく、落ち込みが数年間長期化しているので「手を出してはいけない銘柄」です。
気を取り直して、別の銘柄に行きましょう。

 

 

【ちょこっと宣伝】追記 今井バフェット、株を1,200万円分買いました。

今回のコロナショックで多くの銘柄が下げました。

2017年11月から投資ブログをピタッと止めていた私。
それは他ならぬ「株価が高水準だった」からです。

そして今回の下落。
優良銘柄が適切な評価をされておらず、「お宝がザクザク」しています。
紛れもなく10年に一度のチャンスです。

そんな中、私も投資を再び再開しました。
貯金1,400万円のうち、ある一つの日本株に1,200万円以上を投資しました。
※2020年6月に入ってからも追加でどんどん買い増しています。


多くのお宝銘柄の中で、さらに埋もれている「これはものすごい!」と感じた銘柄があったからです。

これまで何百と日本株を分析した私が、身銭を切って投資しました。

バフェットはこう言いました。
「賢い人たちは、チャンスが訪れたときに大きく賭けます。オッズが有利なときは大きく賭けるのです。
しかし、そうでないときは賭けません。ただそれだけです。」

今回のコロナショックで資産の80%以上を投じた銘柄とは?
今井バフェットが何に勝負をかけたのか?

理由とともに売買履歴や今後の売買戦略なども詳細に述べています(適宜更新予定です)

もし気になる方はコチラを見て下さい。
ちなみに有料ですが、途中まではタダで読めます。

(追記:すでにお買い上げ頂いた方ありがとうございました。)

最大のチャンス!コロナショックで私が1,200万円全力投資した銘柄

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている36歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!(→2020年達成)
次は、3,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円
2020年
1月:10,700,000円→1,000万円達成!
2月:12,800,000円
3月:13,800,000円
9月:16,000,000円

今回のコロナショックで投資を再開させました。
最大のチャンス!コロナショックで私が1,200万円全力投資した銘柄

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る