三越伊勢丹ホールディングス(3099)の株価を予想分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は三越伊勢丹ホールディングス【3099】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

三越伊勢丹ホールディングスとはどんな会社?

三越伊勢丹ホールディングスは、三越と伊勢丹の株式移転により設立された持ち株会社です。
同社は百貨店事業を行うグループ会社の経営計画、ならびに管理を行っています。
主な商品として食品および、家庭用品、化粧品、日用雑貨等があります。
さらに、不動産業、旅行業なども行っています。

社員数は14,269人です。

三越伊勢丹の株価とPER、配当は?

現在の株価は910円です。
取引単位は100株なので、9万円程度で三越伊勢丹ホールディングスの株を所有することが可能です。
10万円以下なので比較的投資しやすい金額です。

PER(株価収益率)は、現在計算できません。

配当利回りは1.02%。
配当はあくまでそこそこといったところです。

株主優待でいつでも10%OFFに

株主優待が魅力です。
百貨店での買い物が10%割引になる株主ご優待カードというものがもらえます。

利用限度額は以下です。

100株以上300株未満 15万円
300株以上500株未満 20万円
500株以上1,000株未満 25万円
1,000株以上3,000株未満 50万円
3,000株以上5,000株未満 75万円
5,000株以上10,000株未満 100万円
10,000株以上 150万円

この利用限度の有効期限は6ヶ月。
(ちなみに、300株以上を2年以上継続して株を保有することで利用限度額が2倍になります。)

100株購入すると実際にどうなるか?

例えば、100株(11万円相当)で半年に15万円分の買い物が10%割引になります。
年間で30万円分の買い物をしたら10%割引です。

額にして3万円分得をします。

僕は、百貨店の中で伊勢丹(特にメンズ館)が好きなのでこういったサービスはとにかくありがたいです。

女性も自分のご褒美に高級ブランドや化粧品などを購入する方には魅力ですね。

大好きな百貨店のいついっても10%OFFセールをやっているということですから。

さらに株主優待カードというのもなんかカッコいいですね。
レジで「おれ、株主なんだぜ」って知らしめることができますw

その他にも株主優待として駐車場1時間延長サービスや、系列ホテルに優待料金で泊まれる特典などがあります。

詳しくは三越伊勢丹ホールディングスの公式ホームページをご覧ください。

 

過去の長期のチャート

 

チャートを見ると2012年まではレンジが続き、その後一段上昇、さらに2015年にもう一段上昇しています。

最高値は2015年7月の2,327円。
2009年の最安値(619円)から実に3.75倍にまで膨れ上がっています。

しかしその後は下落。1,000円から1,500円の間をウロウロしていましたが、直近1,000円を割ってしまいました。

ちなみに直近のチャートはこちら

 

うーん、顔をしかめたくなるよな下落トレンドです。
テクニカル的にはまだ下げそうで油断できません。

三越伊勢丹ホールディングスの売上高は?

 

毎年1200億〜1300億円の売上です。
ほぼ横ばいですね。
残念ながら長期投資の理想とする右肩上がりではありません。

三越伊勢丹ホールディングスのEPS(1株当たりの利益)の推移です。

 

こちらはFY2015から右肩下がりです。
そして直近はとうとうマイナスになってしまいました。
よくないですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

 

こちらはしっかり右肩上がり。
いい感じですね。
ただ、配当をほとんど株主に還元していないことを考えると資産が増えていくのはある意味当然です。

ROE(株主資本利益率)の推移

 

ROE(株主資本利益率)は直近-0.17%です。
低い!低すぎます!これはマイナスポイントです。

最後に、流動比率は0.7倍。
こちらは1倍を割ってしまっているので少し気になります。大丈夫でしょうか。

三越伊勢丹ホールディングスの今後をまとめると

10%オフの株主優待は確かに魅力です。

ただ、その他の財務分析の結果があまり芳しくないです。

個人的に好きな百貨店(特に新宿の伊勢丹メンズ館)なので頑張って欲しいのです。

日本を代表する百貨店です。

伊勢丹によく行く株主優待狙いの人は、100株だけ保有してずっともっておくのもアリです。

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている35歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る