高嶺の花の女性(エルブランズ)が大暴落した時にキミは迷わず行けるか?

アメリカ株長期投資

こんにちは。今井バフェットです。

前回エルブランズという会社の株を買いました。
http://shareblog.info/archives/4475

この会社、ヴィクトリアズ・シークレットという女性用下着メーカーとして有名です。
成長している会社ながらかなり高配当なので狙っており先日大きく下落したところを買いました。

買ったばかりの株が早くも大幅下落

そして、その数日後、そこからさらに下落しました。
前回買ったのが1ドル72ドルのレベル。

今回買ったのが64ドルです。

ただ、前回のメイシーズの買い増しによりキャッシュがほとんどなかったので20株しか購入できませんでした。

1280ドル分。
もっともっと買いたかった。。。

とにもかくにも、保有しているエルブランズの株はこれで89株。
現在の評価額は62万円です。

エルブランズはかなりお買い得の水準に

PERは16倍
直近配当利回りは3.78%となっています。

今まで高嶺の花だった女性が大暴落して急に身近に接近してきた感じですw

もともと狙っていたので迷わず行きます。

株価が下がったからといって本質が変わらなければ迷わず行くべきです。

株価落ちたからといって、急に「やっぱり魅力的ではないかも」と態度変えるようなヤツにチャンスを手にする資格はありません。

僕はこの時が来るのをずっと前から狙っていました。

(株の話ですw)

こういう成長株は値動き結構激しそうですが、大きく下がったらまた買い増して行きたいと思います。

とりあえず一つの目安として60ドル割れたらさらに買っていく予定です。

ただ、そのためのお金がないので頑張って節約して回さなきゃですねw

引き続き、資産と推移を公開していきます。

1億円の道のりはまだまだ長いです。
今日も地道に節約して、コツコツ進んでいきます。

まっとうな長期投資で資産を形成していくつもりです。
そして、その過程をしっかりみなさんにお見せしていくつもりです。

儲けた過程も損した過程も。

長期投資で一財産築けるということを身をもって証明したいです。

まずは、今年4桁(1000万円)に資産をのせたいです。
最近お金使うことが多いので財布を引き締めなければw
定期的に更新しています。
ぜひ今後もシェアブログに遊びに来て下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る