データで見る!持家と賃貸は多いのはどっち?

1282693725706

長く続く、持家・賃貸論争。

今日はそんな論争を、データで見ていきましょう。

データ元は金融広報中央委員会から引用しました。

まずは、持家と賃貸の比率

持家賃貸その1
全体で、マイホームを取得している人は7割にのぼっています。

市郡規模別でみると、大都市よりもより田舎に行けば行くほどマイホーム率は高まります。
群部では、なんと77%!

やはりマイホームを買ってこそ一人前という風土があるのでしょうか?
僕も、30歳をすぎたあたりから「家は買わないの?」と聞かれることが多くなりました。

世帯別でみると、マイホーム派と賃貸派の比率が逆転するのが40代です。
ちょうどみなさん30代のうちに購入するんですね。

賃貸派の意識は?

次に現在、非持家の方のマイホーム購入意欲を見ていきましょう。

持家賃貸その2

30代の半分以上、実に6割以上が取得を積極的にとらえています。
ただ、40過ぎると、その意識は下がっていきます。

30代で「将来にわたり取得する考えはない」という真の賃貸派は13%でした。
この数字ってどう思いますか?

僕は少ないなと思いました。

まだまだ、持家を取得するという日本人の持家信仰が根強いですね。

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る