データで見る!持家と賃貸は多いのはどっち?

1282693725706

長く続く、持家・賃貸論争。

今日はそんな論争を、データで見ていきましょう。

データ元は金融広報中央委員会から引用しました。

まずは、持家と賃貸の比率

持家賃貸その1
全体で、マイホームを取得している人は7割にのぼっています。

市郡規模別でみると、大都市よりもより田舎に行けば行くほどマイホーム率は高まります。
群部では、なんと77%!

やはりマイホームを買ってこそ一人前という風土があるのでしょうか?
僕も、30歳をすぎたあたりから「家は買わないの?」と聞かれることが多くなりました。

世帯別でみると、マイホーム派と賃貸派の比率が逆転するのが40代です。
ちょうどみなさん30代のうちに購入するんですね。

賃貸派の意識は?

次に現在、非持家の方のマイホーム購入意欲を見ていきましょう。

持家賃貸その2

30代の半分以上、実に6割以上が取得を積極的にとらえています。
ただ、40過ぎると、その意識は下がっていきます。

30代で「将来にわたり取得する考えはない」という真の賃貸派は13%でした。
この数字ってどう思いますか?

僕は少ないなと思いました。

まだまだ、持家を取得するという日本人の持家信仰が根強いですね。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. image
  2. マルチビジネス大人数
  3. ポケモンGOで任天堂株価
  4. mery.jp
  5. O8S9ey5N.jpg large
  6. outline_azukibar-day
  7. マルハニチロの株価予想1706
  8. image
  9. ジャストシステムの株価分析
  10. 01_px400

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る