塩野義製薬(シオノギ製薬)【4507】の株価を分析してみた

シオノギ製薬の株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は塩野義製薬(シオノギ製薬)【4507】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

塩野義製薬(シオノギ製薬)とはどんな会社?

塩野義製薬は、医薬品および診断薬の製造ならびに販売を行っています。
また、抗生物質などのカプセル薬や動物、植物用薬品、工業薬品の製造も行っています。
米国や欧州、アジアの関連、子会社を通して、研究開発および現地での販売を行っています。

シオノギ製薬といえば業界屈指の営業部隊で有名です。

以下はWikipediaより引用

種々の方法で製品化された有用な医薬品を、医療の最前線に届けるのは営業マン(プロパー)の仕事である。シオノギの営業と言えば、抗生物質全盛時代には最強の営業部隊として知られていた。文献検索や学会発表用のスライド作成など、処方元の医者のために限界までつくしたと言われている。
そのプロパーのことを、シオノギでは当時すでにディテールマンと呼んでいた。そして例えば、自社抗菌薬の特性を論理的に説明(ディテール)する手助けとして、「PK/PD理論」のさきがけともなる考え方をいち早く採用していた。

製薬業界全体で、プロパーの呼称をMR(医薬情報担当者)と改めたのは1993年(平成5年)のことである。そしてその後の、国家公務員倫理規程の強化、女性MRの台頭、さらには接待行為の全面的禁止が2012年(平成24年)4月から実施されるなど、医療関係者(特に医師)とMRとの関係は急速に変化してきている。そうした中で、シオノギでは2012年初頭から、ディテールマン(医科向け営業マン)の属していた「学術部」の呼称を廃止している。

最狭の営業部隊ってなんかかっこいいですね。

そんな塩野義製薬(シオノギ製薬)、社長は手代木功氏。
現在の社員数は5,806人(連結)です。

現在の株価は?

現在の株価は5,149円前後です(2016年12月)。
取引単位は100株なので、514,900円程度で塩野義製薬(シオノギ製薬)の株を所有することが可能です。

うーん、高いです。一つの銘柄を買うのに50万円近くかかってしまいます。
これでは株初心者はなかなか手が出せないです。ポートフォリオもシオノギ一色になってしまいます。

塩野義製薬(シオノギ製薬)のPER(株価収益率)は、現在21.91倍。

20倍前後なので適正ラインです。
決して割安でもないですが、そこまで割高ともいえません。

配当利回りは、1.32%です。
日本株の中では、そこそこの配当ですが、製薬なのでもっと多いと思っていました。
少し物足りないですね。

株主優待は、ありません。

過去20年の長期のチャート

シオノギ製薬の長期チャート

長いレンジを抜け、直近上昇しています。

上場来最安値は、1974年の213円。
上場来最高値は、2016年の5,568円です。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

シオノギ製薬の短期チャート

こちらはなんともいえない、微妙なチャートです。
方向感がありませんね。

直近安値は2016年2月の4,328円。
直近高値は2016年5月の6,273円です。

塩野義製薬(シオノギ製薬)の売上高は?

シオノギ製薬売上高

ガチャガチャしていますね。
とはいえ直近は大きく売上を伸ばしています。

塩野義製薬(シオノギ製薬)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

シオノギ製薬EPS

こちらFY2013を除けばしっかりの右肩上がりです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

シオノギ製薬BPS

こちらはしっかり右肩上がりです。
いい感じです。

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近13.55%
10%を超える高ROEです。
多くの日本の大企業は一桁のROEなので、この数字は立派です。

流動比率は4.38倍。
1倍を大きく超えているので安全といえます。

塩野義製薬(シオノギ製薬)の今後をまとめると

トータルでみると「わるくはないけどよくもない」銘柄です。
確かにROEは高く、BPSの伸びもありますが、その他はいまいちパッとしません。

ただ、わるくはないので大きく値を下げることがあれば検討してもいいかもしれないです。
ただ、僕は買いません。日本株は他にも良い銘柄がたくさんあります。
次、行きましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 397株 約2,000,000円
■メーシーズ(M) 603株 約1,500,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. http://healthypanda.net/
  2. image
  3. ユニクロ
  4. アメリカ株投資
  5. asics_store_1
  6. GREEN_A20140125-thumb-815xauto-16633
  7. blogs.yahoo.co.jp
  8. career-111932_1280
  9. faceマークザッカーバーグ
  10. マイケル・コース株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る