塩野義製薬(シオノギ製薬)【4507】の株価を分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は塩野義製薬(シオノギ製薬)【4507】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

塩野義製薬(シオノギ製薬)とはどんな会社?

塩野義製薬は、医薬品および診断薬の製造ならびに販売を行っています。
また、抗生物質などのカプセル薬や動物、植物用薬品、工業薬品の製造も行っています。
米国や欧州、アジアの関連、子会社を通して、研究開発および現地での販売を行っています。

シオノギ製薬といえば業界屈指の営業部隊で有名です。

以下はWikipediaより引用

種々の方法で製品化された有用な医薬品を、医療の最前線に届けるのは営業マン(プロパー)の仕事である。シオノギの営業と言えば、抗生物質全盛時代には最強の営業部隊として知られていた。文献検索や学会発表用のスライド作成など、処方元の医者のために限界までつくしたと言われている。
そのプロパーのことを、シオノギでは当時すでにディテールマンと呼んでいた。そして例えば、自社抗菌薬の特性を論理的に説明(ディテール)する手助けとして、「PK/PD理論」のさきがけともなる考え方をいち早く採用していた。

製薬業界全体で、プロパーの呼称をMR(医薬情報担当者)と改めたのは1993年(平成5年)のことである。そしてその後の、国家公務員倫理規程の強化、女性MRの台頭、さらには接待行為の全面的禁止が2012年(平成24年)4月から実施されるなど、医療関係者(特に医師)とMRとの関係は急速に変化してきている。そうした中で、シオノギでは2012年初頭から、ディテールマン(医科向け営業マン)の属していた「学術部」の呼称を廃止している。

最強の営業部隊ってなんかかっこいいですね。

そんな塩野義製薬(シオノギ製薬)、社長は手代木功氏。
現在の社員数は5,120人(連結)です。

現在の株価は?

現在の株価は6,577円前後です。
取引単位は100株なので、65万円程度で塩野義製薬(シオノギ製薬)の株を所有することが可能です。

うーん、高いです。一つの銘柄を買うのに60万円超えています。
これでは株初心者はなかなか手が出せないです。
資産が少ない方はポートフォリオがシオノギ一色になってしまいます。

塩野義製薬(シオノギ製薬)のPER(株価収益率)は、現在16.69倍。

15倍前後なので適正ラインです。
割安でもないですが、そこまで割高ともいえません。

配当利回りは、1.34%です。
日本株の中では、そこそこの配当ですが、製薬なのでもっと多いと思っていました。
少し物足りないですね。

株主優待は、ありません。

過去の長期のチャート

2012年からの伸びがすごいですね。
7倍以上に株価が上昇しています。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

2018年の2月に急落し、底値をうろうろしていましたが、2018年8月に急反発しています。

塩野義製薬(シオノギ製薬)の売上高は?

右肩上がりです。
堅調ですね。いい感じです。

塩野義製薬(シオノギ製薬)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

わるくありません。
しっかり伸びています。むしろいいですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

こちらもしっかり右肩上がりです。
いい感じです。

ちなみに売上高比率はこちらです。

欧州が約半分もあるんですね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

ROE(株主資本利益率)は直近19.37%です。
合格ラインをしっかり超えています。
多くの日本の大企業は一桁のROEなので、この数字は立派です。

最後に、流動比率は5.39倍。
1倍を大きく超えているので問題ありません。

※ちなみに、流動比率とは、安全性を分析するための代表的な指標です。
具体的には、「流動資産」と「流動負債」の金額を比較することによって企業の短期的な支払能力(安全性)を簡易的に見ます。

塩野義製薬(シオノギ製薬)の今後をまとめると

いいですね。優良銘柄ですね。
各数字の伸びもよく、ROEも高いです。
個人的にも気になる銘柄です。
気になる方は四季報などで詳細チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る