千代田化工建設(6366)の今後の株価を予想・分析してみた

千代田化工建設の株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は千代田化工建設(6366)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

千代田化工建設(6366)とはどんな会社?

千代田化工建設は、国内および海外で石油精製、石油化学、医薬品、食品などのプラント建設、検査、保守を請負っています。
また水処理や土壌浄化などの環境エンジニアリングおよび省エネルギー技術やファクトリーオートメーション(FA)にかかわる総合エンジニアリングサービスの設置の提供を行っています。

以下はWikipediaより引用

石油精製、石油化学、天然ガス液化などの大規模プラントの設計、調達、建設一括請負(Engineering、rocurement、Constructionの頭文字をとってEPCと称する)業務で国内外に多くの実績を持つ。

日揮、東洋エンジニアリングと併せて「エンジニアリング御三家」と呼ばれる。

当初は独立色が強かったが、バブル崩壊後に一度経営が傾き、長らくの間三菱グループや米ケロッグ・ブラウン・アンド・ルート(KBR)社の支援を受けて再建、再び民族系のエンジニアリング会社となり現在に至る。
(この関係から実質、三菱グループの一員扱いとなっている)。

「エンジニアリング御三家」ってなんかかっこいいですね。

そんな千代田化工建設(6366)、現在の社員数は5,866人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は626円前後です(2017年6月)。
取引単位は1,000株なので、63万円前後で千代田化工建設(6366)の株を所有することが可能です。

うーん、高い。一つの銘柄に60万オーバーは高いです。投資初心者には手が出せません。

そして、千代田化工建設(6366)のPER(株価収益率)は、現在算出できません。

「PER=株価 ÷ EPS(一株当たりの利益)」なので、PERが算出できないということは「直近の利益がマイナス」だということが考えられます(このあとくわしくEPSを見ていきます)。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、0.96%です。
少しは配当があるという感じです。

そして、千代田化工建設(6366)の株主優待はありません。

過去20年の長期のチャート

千代田化工建設20年チャート1706

2006年をピークに大きく下げています。その後は停滞です。
見飽きました、この形のチャート。同業種の多くの日本株がこんな感じです。

直近3年のチャートはこちら

千代田化工建設3年チャート1706

こちらは軟調。下げトレンドです。
ここまで下げると買いたくなる、というか気になっていまいます(割安株投資の血が騒ぐ)

本当は実力があるのに下げているのか、それともこのまま悪化の一途を辿るのか、その見極めのために下のページ以降で各数字を分析していきます。

千代田化工建設(6366)の売上高は?

千代田化工建設売上高1706

うーん、悪くないです。
直近もたついていますがそれまでは右肩上がりです。

千代田化工建設(6366)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

千代田化工建設EPS1706

うげ!直近大きくマイナスです。株価がだだ下がりの原因はコレですね。
FY2013からも少しずつ右肩下がりとなっており、その兆候は見られました。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

千代田化工建設BPS1706

こちらも、よくはありません。
FY2015から下げてきてしまっています。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

千代田化工建設ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近−23.13%です。
これは話になりません。
過去にはFY2013には9%台と合格ラインの10%ギリギリまであったのですが、年々下げてきてしまっています。
ちょっと厳しいですね。

流動比率は1.41倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

千代田化工建設売上高比率1706

海外の売上がほとんどなんですね。8割を超えています。

千代田化工建設(6366)の今後をまとめると

株価も大きく下げているので「これはチャンスか?」と思いましたがちょっと回復の兆候は見られませんでした。

無理に手を出すのは危険です。

ただ、こういった下げている銘柄は回復すると大きく利益を得られるのも特徴です。

気になる方は四季報などで詳細チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 資生堂の株価分析
  2. 石中1
  3. 1,000万円貯金
  4. シェイクシャックの株価
  5. 東芝の株価見通し
  6. 20150416DCS_WEB_シューシャホ_ーリリース3
  7. プレイステーションVR
  8. image
  9. Business meeting
  10. ドル円を買う

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る