明電舎(6508)の今後の株価を予想・分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は明電舎(6508)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

明電舎(6508)とはどんな会社?

明電舎は、電気機械を製造しています。
主製品には発電・水処理制御・変電・電動力応用・物流機械を含みます。
同社の製品は公共施設・建設・金属・運輸業界にて使用されます。

読み方は「めいでんしゃ」です。

以下はWikipediaより引用

重電8社(日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、ダイヘン、東光高岳、日新電機)の一角。

また、準大手重電3社(富士電機、明電舎、ダイヘン)の一角。

自動車開発用試験装置で国内首位。

そんな明電舎(6508)、現在の社員数は8,408人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は1,476円前後です。
取引単位は100株なので、14万円前後で明電舎(6508)の株を所有することが可能です。

15万円以下なので日本株の中では比較的気軽に買えますね。

そして、明電舎(6508)のPER(株価収益率)は、現在8.54倍です。
10倍以下なので割安です。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、2.71%です。
ギリギリ高配当といってもいいくらいですね。

そして、明電舎(6508)の株主優待はありません。

過去の長期のチャート

 

うーん、レンジですね。

直近1年のチャートはこちら

 

こちらは下落トレンドです。
2018年は1年を通して下げましたね。

まだ底が見えません。
他の多くの日本株と同じですね。

明電舎(6508)の売上高は?

 

キレイな右肩上がりではないですが比較的堅調です。
わるくはないです。

明電舎(6508)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

 

FY2017に凹んでいますが、全体を通してみればそこそこ堅調です。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

 

しっかり右肩上がりです。
いい感じです。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

 

ROE(株主資本利益率)は直近9.2%です。
合格ラインの10%は超えられませんが、日本株の中ではいい方です。
大企業とか、3%や4%はザラにありますからね。

ROEとは「自己資本を元手にどれだけ儲けることができたか」という「収益性を測る数字」です。
これが低ければ低いほど収益性がわるいということがわかります。

当たり前ですが、「100万円の元手で3万円」しか稼がないラーメン屋より、「100万円の元手で20万円」稼ぐラーメン屋の方が収益性がいいです(ROEが高い)。

逆に言えばたとえ100万円稼いでも「元手が1億円(ROE1%)」のA社より、10万円しか稼げないけど「元手が100万円(ROE10%)」のB社方が収益性が高いということがわかります。

流動比率は1.39倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

明電舎(6508)の今後をまとめると

PERは適正、各数字の伸びも悪くない、さらにROEも健闘している。

「平均より少し上のそこそこの銘柄」という感じです。

もちろんわるくはありません。
でも、僕が欲しいのはものすごくお買い得だけど優良な銘柄です。
(妥協はしないです。本当に欲しいものしか買いません)

そういった意味では、個人的に欲しいとは思いませんでした。

次の銘柄、見て行きましょう。

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている35歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る