清水建設(1803)の今後の株価を予想・分析してみた

清水建設の株価予想分析_21706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は清水建設(1803)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

清水建設(1803)とはどんな会社?

清水建設は、総合建設請負業社で国内全域および海外で事業を展開しています。
住宅、商業、公共施設の建築をはじめ、道路などの土木建設や不動産事業に従事しています。
さらに、子会社を通して建設資材や機械の販売、リースも手掛けています。

鹿島建設、大成建設、竹中工務店、大林組とともにスーパーゼネコン5社の一つです

以下はWikipediaより引用

民間の建築工事に強みがある。受注活動では、大手他社と異なり採算度外視の大型工事をさけ、中小の物件の受注にも積極的である。得意分野は、建築では医療機関、土木ではLNGタンクの施工であるといわれている。

さらに、歴史的な経緯から、伝統的な社寺建築にも豊富な実績を有している。
伝統的な建築儀式である手斧始め(ちょうなはじめ)を仕事はじめの1月4日に本社で執り行っている。建設業で手斧始めを受け継いでいるのは、清水建設と金剛組(大阪)だけである。

同社のコーポレートメッセージは「子どもたちに誇れるしごとを。」(日本語)「Today’s Work, Tomorrow’s Heritage」(英語)である。

「子どもたちに誇れるしごとを。」ってかっこいいですね。

そんな清水建設(1803)、現在の社員数は15,640人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は1,128円前後です(2017年6月)。
取引単位は1,000株なので、112万円前後で清水建設(1803)の株を所有することが可能です。

高い!一つの銘柄に100万円オーバーは高すぎです。
同じスーパーゼネコンの大林組は100株単位で12万円前後で買えます。
もっと小額から買えるようになるといいですね。

そして、清水建設(1803)のPER(株価収益率)は、現在8.94倍です。
10倍以下なので低PREです。比較的割安といえます。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、1.24%です。
配当、少しはあるが気持ち程度といったところです。

そして、清水建設(1803)の株主優待は1,000株以上の保有者(つまり全員)に東京木工場製作の木製グッズ(コースターとか)がもらえます。

詳細は清水建設のIR情報をご覧下さい。

うーん、ちょっとかっこいいけどそんなにいらないですね。
優待目的で購入する銘柄ではないです。

過去20年の長期のチャート

清水建設20年チャート1706

2012年に底を打って、その後は大きく上昇しています。
勢いがスゴイですね。

直近3年のチャートはこちら

清水建設3年チャート1706

こちらはあまり方向感がないです。
テクニカル的には1,200円が抵抗線となっていますね。
ここを抜けたらさらに上昇の余地があると思われます。

清水建設(1803)の売上高は?

清水建設売上高1706

直近少し凹んでいますが、それまではしっかりとゆるやかに右肩上がりです。
いい感じです。

清水建設(1803)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

清水建設EPS1706

いいですね。
キレイでかつ勢いがある右肩上がりです。
グングン伸びています。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

清水建設BPS1706

こちらもしっかりと右肩上がりです。
いい感じです。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

清水建設ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近18.8%です。
合格ラインの10%をしっかり超えています。
日本株の中でもトップクラスの高ROEです。優秀ですね。

流動比率は1.34倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

清水建設売上高比率1706

9割近くが日本でその他が海外です。

清水建設(1803)の今後をまとめると

各数字の伸びがよかったです。

優良銘柄だといえます。
ただ、同じスーパーゼネコンの大林組(1802)の方が配当が高く(2%超え)、しかも小額から(12万円前後)購入できます。

しかも大林組はスーパーゼネコンのトップに君臨しています。

なので、個人的には清水建設よりも大林組の株を買いたいです(もしどちらか買えといわれれば)。

とはいえ、清水建設もいい銘柄ではありました。

気になる方は四季報チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 13874650_768060036664815_184353161_n
  2. image
  3. 2016-06-15t203720z_1_lynxnpec5e1e7_rtroptp_3_cbusiness-us-usa-fed
  4. 匿名画像
  5. English1
  6. 201701250942535887f48d6b908
  7. 日経平均ランキング
  8. maxresdefault-9
  9. 174186_IMG_4267_1
  10. 新生銀行の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る