丸紅(8002)の今後の株価を予想・分析してみた

丸紅の株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は丸紅(8002)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

丸紅(8002)とはどんな会社?

丸紅は、鉄鋼製品、IT事業、ユーティリティ・インフラ・エネルギー、食料、金属資源、開発建設、化学品、産業機械、輸送機などの事業部門を持つ総合商社です。
世界中にまたがる販売支店や代理店のネットワークを活用して商品取引を行っています。

以下はWikipediaより引用

社名は、創業者の伊藤忠兵衛が、「紅は高貴な色である」として実家の屋号「紅長」から1文字をとった「紅忠」という商号を使用して、○の中に紅という文字を入れた印を暖簾や半纏に使ったことに由来する。

1960年代から1970年代前半には三井物産・三菱商事と並んでスリーエムと称される総合商社トップ3の一角であったが、その後伊藤忠が安宅産業を合併して力を付けたことや、住友商事の台頭、さらにはロッキード事件の影響などもあった。

1997年のアジア通貨危機によって各商社は甚大な負債や不良債権を抱え、それによって丸紅も一時倒産の危機に直面したものの、中期再建計画であるAction21 A Planに沿って業績のV字回復を達成する。

その後は、他商社とともに「商社夏の時代」を謳歌している。特に丸紅は、伝統的に紙・パルプ部門、食料部門、電力部門に強みを持っている他、空前の資源高の恩恵、またはリスク・マネジメントの強化などもあって、2013年3月期は2期連続で過去最高益を更新し、売上高は七大商社中第3位となった。

読み方は「まるべに」です。
紅しょうがを作ってそうな中小企業っぽい名前ですが、れっきとした日本を代表する総合商社です。

そんな丸紅(8002)、現在の社員数は32,445人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は683円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、7万円前後で丸紅(8002)の株を所有することが可能です。

いいですね。10万円以下で購入できる日本株です。
こういった銘柄が増えると投資初心者も投資がしやすくなるのでいいのにと感じます。

そして、丸紅(8002)のPER(株価収益率)は、現在7.76倍です。
10倍以下なので低PERです。かなり割安ですね。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、3.66%です。
いいですね。高配当銘柄です。

低PERで高配当ってステキですね。

過去20年の長期のチャート

丸紅20年チャート1706

2007年に大きく打ち上がって下げて以降は下げています。
その後は500円がテクニカル上のラインです。
何度かタッチしては反発しています。

直近3年のチャートはこちら

丸紅3年チャート1706

やはりポイントは500円です。
2016年には500円割れもあったので買うならそういったところを狙いたいです。

「株は、食料品をかうが如く、なるべく安く買う」
これは割安株長期投資の鉄則です。

丸紅(8002)の売上高は?

丸紅売上高1706

うーん、山なりです。FY2015から微減ですね。
微妙です。

丸紅(8002)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

丸紅EPS1706

キレイな右肩上がりではありません。
ぼこぼこです。
よくはないですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

丸紅BPS1706

FY2016にへこんでいるものの全体的には右肩上がりです。
まあまあですね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

丸紅ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近11.09%です。
合格ラインの10%を超えています。
いいですね。優秀です。

流動比率は1.21倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

丸紅売上高比率1706

日本が半分、その他が半分といったバランスです。

丸紅(8002)の今後をまとめると

商社に多いのですが、低PERで高配当です。
いいですね。

ただ、他の数字が正直、パッとしませんでした。

無理して投資する銘柄ではありません。

同じ商社なら個人的には伊藤忠商事(8001)の方が気になりました。

でも決してわるくはない銘柄です。
気になる方は四季報などチェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. img_c6e76cbd208ec8ffe44143e008a9afc9251702
  2. スクリーンショット 2016-06-13 23.00.17
  3. main02
  4. img_8bd36925018643c0281c802d5816d318142977
  5. 891175be6c5ba9d8355d976a85bc08b0_m
  6. 一目均衡表とは
  7. 1282693725706
  8. P024163825_480
  9. カシオの株価分析
  10. 国際石油開発帝石株式会社の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る