三菱地所(8802)の今後の株価を予想・分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は三菱地所(8802)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

三菱地所(8802)とはどんな会社?

三菱地所は、住宅、マンション、オフィスを中心に不動産の賃貸ならびに開発、設計、建設、販売、管理を行っています。また、駐車場、ホテル、ショッピングセンターの運営およびゴルフ場やテニスクラブなどのフィットネスクラブの経営も行っています。

読み方はみつびし「じしょ」です。

横浜のランドマークタワーや東京駅の丸ビル、新丸ビル、御殿場や佐野のプレミアムアウトレット、アメリカのロックフェラーセンターなど国内外数え切れないほどのビル、商業施設を保有・受託しています。

ライバルは三井不動産です。
三井不動産と三菱地所のツートップは不動産業界の早慶みたいなものです。

そんな三菱地所(8802)、現在の社員数は8,856人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は1,899円前後です。
取引単位は100株なので、19万円前後で三菱地所(8802)の株を所有することが可能です。

20万円以下で購入できる日本株です。
日本株の中では普通の価格帯です。
でも、初めて投資をする方にとっては高いと感じるかもしれません。
(本当、日本株って高いですよね。アメリカ株は1万円から買える銘柄がゴロゴロあります)

そして、三菱地所(8802)のPER(株価収益率)は、現在19.94倍です。
20倍前後なので普通からちょっと割高です。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、1.42%です。
配当は、少しだけはあるという感じですね。

そして、三菱地所(8802)の株主優待はありません。

過去の長期チャート

 

4,000円のラインがテクニカル上のポイントです。
2007年にここでピークを迎え、その後リーマンショックで下落、2013年から一段回復して今に至ります。

この点、双璧をなす三井不動産のチャートとほとんど同じです。
(「あれ?これ三井不動産のチャート?」と一瞬思ったくらいです)

直近1年のチャートはこちら

 

2018年は軟調です。
年末にさらに下げ、2019年に入ってすぐに反発しています。
こちらも三井不動産と同じような動きです。

三菱地所(8802)の売上高は?

 

うーん、キレイではないですが比較的堅調です。
わるくはありません。

三菱地所(8802)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

 

すごくキレイな右肩上がりです。
エクセレントです!すばらしい!

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

 

こちらは緩やかですが右肩上がりです。
いい感じです。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

 

ROE(株主資本利益率)は直近7.32%です。
こちらもライバルの三井不動産とほぼ同じ水準のROEです。
合格ラインの10%には届いていません。

まあどちらもROEに関してはどんぐりの背比べですね。

流動比率は1.85倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

三菱地所(8802)の今後をまとめると

優良銘柄です。

とくにEPSの伸びが素晴らしかったです。

ただ、個人的にはどちらかといえば三井不動産(8801)の方に軍配があがります。

数字の伸びもよりキレイですし、規模も大きいし。

とはいえわるくはない銘柄です。
気になる方は四季報などで詳細チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている36歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!(→2020年達成)
次は、3,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円
2020年
1月:10,700,000円→1,000万円達成!
2月:12,800,000円
3月:13,800,000円

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る