JR東海(9022)の今後の株価を予想・分析【東海旅客鉄道】

JR東海の株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はJR東海(9022)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

JR東海(9022)とはどんな会社?

JR東海(東海旅客鉄道)は、東京ー大阪間にわたる地域にて旅客鉄道輸送を提供。また、子会社を通じてバス旅客運送サービスも提供。そのほか不動産、建設業、広告業、旅行業を営むとともにデパート、ホテル、レストランなども経営する。

旧国鉄(日本国有鉄道)です。

JR東海といえば、東海道新幹線ですね。
たまに京都行きたくなります。

以下はWikipediaより引用

東名阪の大動脈にして日本経済を動かす東海道新幹線を経営していることから、日本の鉄道事業者の中では就職人気の高い企業となっている。
リクルートが2011年新卒者向けに行なった「就職したい企業」アンケートではJR東海は1位にランクインしていた。
日本経済新聞の調査によると2011年新卒者では8位であったが、2012年新卒者では14位に下降している。

「東名阪の大動脈」、かっこいいですね。

そんなJR東海(9022)、現在の社員数は28,706人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は18,685円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、189万円前後でJR東海(9022)の株を所有することが可能です。

189万円!!
高すぎです。こんなの払える人限られてしまいます。
200万円の貯金があるサラリーマンだったらほとんどをJR東海につぎ込まなくてはならなくなります(リスク分散も何もないですね)
最近見た日本株の中ではトップクラスに高いです。
日本株、もっと気軽に投資ができるようになることを切に願います。

そして、JR東海(9022)のPER(株価収益率)は、現在9.36倍です。
10倍を割っているので比較的割安です。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、0.75%です。
ほとんどないですね。

そして、JR東海(9022)の株主優待は100株で10%オフの運賃料金割引券が年に1枚もらえます。

保有株数に応じてもらえる枚数が異なります。

気になる方はJR東海のIR情報をご覧下さい。

200万円近く払ってこれでは割にあいません。あくまでおまけですね。
株主優待目的で買う銘柄ではありません。

過去20年の長期のチャート

東海旅客鉄道20年チャート1706

堅調です。
とくに2012年から勢いをつけて上昇しています。
上場来最高値は2015年の22,105円です(Bloomberg調べ)。

直近3年のチャートはこちら

東海旅客鉄道3年チャート1706

こちらはほぼ横ばいです。
ただ、20,000円を割ってからは少し軟調です。
テクニカルだけの短期で見るともうちょっと下げそうです。

JR東海(9022)の売上高は?

東海旅客鉄道売上高1706

キレイな右肩上がりです。
いいですね。

JR東海(9022)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

東海旅客鉄道EPS1706

こちらもキレイな右肩上がりです。
かなりいいですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

東海旅客鉄道BPS1706

同じくこちらもキレイな右肩上がりです。
すばらしいです。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

東海旅客鉄道ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近15.69%です。
合格ラインの10%をしっかり超えています。
「ROEの高さは経営のうまさ」と言われます。
15%超えは日本株の中でもかなり優秀な部類です。

事業別売上高はこちらです。

東海旅客鉄道売上高比率1706

メインの運輸が7割超えです。
運輸でしっかり稼いでいるんですね。

JR東海(9022)の今後をまとめると

割安株で、各数字の伸びもかなり良かったです。
そしてROEの高さも魅力です。

いいですね。優良銘柄です。

個人的にもかなり気になっています。
以前分析したJR東日本(9020)もかなりよかったのでどちらかに投資をしろと言われれば迷いますね。

今後も両者ウォッチしていきたいと思います。

気になる方は四季報などで詳細チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. トレンダーズの株価分析
  2. ニチレイ株価
  3. SONY DSC
  4. img_edb97b6a09e9870d125c42d0cdab6c7c86106
  5. ゼニス羽田ホールディングスの株価予想
  6. 20151105_blog2_eec19a694fe746dc7324d9fe651c5157
  7. 02_px400
  8. Inspiration motivation quotation your future is created by what you do today and cup of coffee
  9. シオノギ製薬の株価分析
  10. 吉野家の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る