日本通運(9062)の今後の株価を予想・分析してみた

日本通運の株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は日本通運(9062)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

日本通運(9062)とはどんな会社?

日本通運は、鉄道・貨物自動車・海運・航空の総合物流ネットワークを通じて貨物の輸送を行っています。
主に、ロジスティック・国際複合輸送・宅配便・エクスプレス輸送・国際航空貨物輸送・引越などのサービスを提供しています。
また、乗用車・貨物自動車などの販売、リース、整備、その他不動産賃貸業なども営んでいます。

読み方は「にっぽん」つううんです。

「日通」「NIPPON EXPRESS」とも呼ばれています。

以下はWikipediaより引用

「日通で運べない物はない」と言われるほど、運ぶものを選ばない運送会社であることが、他の運送会社と大きく異なる。

中でも、俗に「ゲテモノ」と称される重量・大型品輸送・美術品輸送・動物輸送・鉄道輸送(通運)・大規模事業所移転・国際輸送の分野においては、右に出る事業者はいない。

運送会社の中で唯一、陸運・海運・空運と、全ての輸送モードをカバーしている。取り扱う内容物のスケールが大きいことから、一般消費者には殆ど縁のない運送会社となっている(かつては小口宅配サービスの「ペリカン便」で、一般消費者にも強い知名度とインパクトをもっていた)。

「運べないものはない」、すごいです。

Youtubeで日本国宝を運ぶ日通のCMがありましたが、日通の凄さがわかりました。

日本通運すごい1706

「引越しは日通」と引っ越しのイメージが強いですが、実は国内物流最大手で、災害対策基本法における指定公共機関となっています。

そんな日本通運(9062)、現在の社員数は67,909人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は714円前後です(2017年6月)。
取引単位は1,000株なので、71万円前後で日本通運(9062)の株を所有することが可能です。

高いですね。
一つの銘柄に70万円はやはり高すぎです。
これでは投資初心者では手が出せません。

そして、日本通運(9062)のPER(株価収益率)は、現在21.56倍です。
20倍を超えているのでどちらかと言えば少し割高です。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、1.54%です。
高配当ではないですが、少しは配当があるといった感じです。

そして、日本通運(9062)の株主優待はありません。

過去20年の長期のチャート

日本通運20年チャート1706

うーん、方向感ないですね。
一方的な動きではないので読みづらいですね。
なんとも言えません。

直近3年のチャートはこちら

日本通運3年チャート1706

こちらレンジの動きです。
レンジの下限のところ押し目としてはかなり絶好の買い場ですね(もし買いたいとすれば)。
今後も辛抱強くまっていればこういったポイントが出てくるかもしれません。

日本通運(9062)の売上高は?

日本通運売上高1706

微妙ですね。
FY2015から下落しています。

日本通運(9062)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

日本通運EPS1706

直近EPS更新していますが、キレイな右肩上がりではありません。
まあまあといったところです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

日本通運BPS1706

こちらも微妙です。
ほとんど横ばいです。
長期投資の理想のBPSはキレイな右肩上がりなのでこれは該当しません。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

日本通運ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近6.89%です。
合格ラインの10%は超えられていません。
イマイチパッとしませんね。微妙です。

流動比率は1.61倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高比率はこんな感じです。

日本通運売上高比率1706

海外にも結構売上があるんですね。

日本通運(9062)の今後をまとめると

各数字の伸びがイマイチでした。
パッとしない銘柄です。

個人的にも欲しいと思えませんでした。

日本株にはハッとさせられるような投資したくなる銘柄がたまにあります。
そんな銘柄を求めて、次見ていきましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. image
  2. 20150821_01
  3. 中外製薬株価予想1706
  4. 15578940_1380879401944254_2155350555374768354_n
  5. ヨーロッパ一のお金持ち
  6. 外資系コンサル失敗
  7. コニカミノルタの株価予想1706
  8. デンソーの株価予想1706
  9. 東洋製罐グループホールディングスの株価予想1706
  10. 三菱マテリアルの株価予想1706

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る