東宝(9602)の今後の株価を予想・分析してみた

東宝の株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は東宝(9602)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

東宝(9602)とはどんな会社?

東宝は映画の製作および配給を行っています。
同社はキャラクターグッズの販売や洋画の配給、演劇場運営、また都市部を中心に直営映画館の運営も行っています。

以下はWikipediaより引用

1932年8月に阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の小林一三によって、演劇、映画の興行を主たる目的として株式会社東京宝塚劇場を設立。1934年に東京宝塚劇場を開場の後、有楽座、日本劇場、帝国劇場を所有し、日比谷一帯を傘下に納め、浅草を手中に収める松竹とともに、東京の興行界を二分するに至る。

1990年代に入ると、自社での邦画製作は「ゴジラ シリーズ」を除き行われなくなり、主にテレビ局や外部プロダクションが製作した映画を配給し、成功をおさめた。
2000年以降は、ワーナー・マイカル・シネマズが優位に立っていたシネコン市場に本格的に参入し、2003年のヴァージン・シネマズ・ジャパン株式会社(現・TOHOシネマズ株式会社)の買収で、グループ企業のスクリーン数ではNo.1を誇る

その後も日本映画界や興行界に不動の地歩を占めつづけ、現在に至っている。製作会社(テレビ局が多い)も大予算をかけた自信作は興行に強い東宝へ配給委託したがり、それがまた数字を積み上げるという好循環が重なった結果、ここ数年は一人勝ち状態が定着した。1980年代前半までライバルとして競り合ってきた東映や松竹は今では二社の興行収入を合わせても東宝の数分の一である。

東宝って「東京宝塚劇場」だったんですね。
はじめてしりました。

そんな東宝(9602)、現在の社員数は3,032人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は3,390円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、34万円前後で東宝(9602)の株を所有することが可能です。

一つの銘柄を買うのに30万円以上かかります。
ちょっと投資初心者には高く感じてしまいます。

そして、東宝(9602)のPER(株価収益率)は、現在18.56倍です。
15倍以上なので適正か少し割高ですね。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、0.74%です。
ほとんどありませんね。

そして、東宝(9602)の株主優待は100株で映画割引券(800円で見られる)が年4枚もらえます。

保有株数に応じて映画招待券などももらえます。

詳細は東宝のIR情報をご覧下さい。

うーん、ただならまだしも割引券なんて個人的にいらないです。
そんなことするなら少しでも配当にまわしてほしいです。

過去20年の長期のチャート

東宝20年チャート1706

何度か谷を形成しつつも直近はかなり上昇しています。
上場来最高値は2017年の3,390円です。
多くの日本株が1989年のバブルの最高値を超えられないのを考えると優秀ですね。

直近3年のチャートはこちら

東宝3年チャート1706

レジスタンスライン(抵抗線)が3500円ですね。
今年に入ってこのライン越えようとしています。
モメンタムとしてはこのラインを超えればもう一段上に行きそうです(あくまでテクニカル分析だけで見ると)

東宝(9602)の売上高は?

東宝売上高1706

微増ですが、しっかり売上高を更新しています。
まあまあです。

東宝(9602)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

東宝EPS1706

いいですね。右肩上がりです。
キレイなカタチをしています。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

東宝BPS1706

こちらもしっかり右肩上がりです。
いい感じです。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

東宝ROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近11.17%です。
合格ラインの10%をしっかり超えてきました。
素晴らしいですね。これはかなりのプラスポイントです。

流動比率は3.23倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに事業別の売上高はこんな感じです。

東宝売上高比率1706

不動産が3割近くを占めているんですね。意外です。

東宝(9602)の今後をまとめると

意外と良かったです。
各数字の伸びも悪くないし、なによりROEが高いのが高評価です。

優良銘柄でそこそこおすすめです。

個人的にも少し気になっています。
(配当が低いのと株主優待いらないのが気になりますが。)

気になる方は四季報などもチェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. オイルメジャー
  2. 時間がお金を稼ぐ
  3. 12107062_1051801661518698_5687072038959023583_n
  4. P017093297_480
  5. mac-google
  6. image
  7. cigarettes-621346_1920
  8. 長谷工コーポレーションの株価予想1706_2
  9. エルブランズ
  10. img1

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る