マイクロソフト(MSFT)の今後の株価を予想・分析してみた

アメリカ株投資のマイクロソフト

気になるアメリカ株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はマイクロソフト(MSFT)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

マイクロソフト(MSFT)とはどんな会社?

マイクロソフトはソフトウエアメーカーです。
ソフトウエア製品の開発、製造、ライセンス供与、販売、サポートに従事しています。

オペレーティングシステム、サーバー・アプリケーション、法人・個人向けアプリケーションのソフトウエア、ソフトウエア開発ツール、およびインターネット/イントラネットソフトウエアを手掛けています。

また、テレビゲーム機、デジタル音楽・娯楽用機器も開発しています。

お馴染みのウィンドウズですね。
使ったことない人はいないのではないでしょうか。

創業者はビル・ゲイツです。
世界トップに何度もなったこともある大金持ちです。

倹約家ビル・ゲイツの節約

ただ、ビル・ゲイツも資産家であるにも関わらず倹約家としても有名です。
こんなエピソードがあります。

ビル・ゲイツは、仕事のため世界中を飛び回っているが、一般旅客機に乗る時には、極力エコノミークラスに座るようにしている。

来日した際に、日本法人のスタッフからファーストクラスの航空券を渡されると「日本のマイクロソフトはこんな無駄遣いをする会社なのか。何だこのファーストクラスの搭乗券ってのは。1時間ちょっとのフライトに、何故そんな無駄に会社の金を使うんだ!」と激怒したという。

マスコミのインタビューで、エコノミークラスを好む理由を質問された際には「会社の金でも個人の金でも、無駄なことに金を使うことは理解できない。
ファーストクラスの料金に(エコノミークラスの)何倍もお金を払ってみたところで、到着する時間は同じなのだから」と答えた。

引用:Wikipedia

こういう考え方好きです!
僕の周りでも少しでもお金を持ってくるとすぐにビジネスとかファースト乗りたがる人いますが、僕もたとえ1億、2億保有することになったとしてもエコノミー派です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は73.3ドル前後です。

そして、マイクロソフト(MSFT)のPER(株価収益率)は、現在33.86倍です。
30倍を超えています、結構割高ですね!

配当利回りは?

配当利回りは、2.13%です。
高配当とは言えませんが、少しだけあるという感じです。

マイクロソフト(MSFT)の長期のチャート

マイクロソフト長期チャート1009

すごいですね。分かりやすい右肩上がりです。
しっかり株価を上昇させていることがわかります。

直近3年のチャートはこちら

マイクロソフト短期チャート1009

こちらも同じく上昇しています。
すごいですね。マイクロソフトいまだに株価をしっかり上げてきているんですね。

マイクロソフト(MSFT)の売上高は?

マイクロソフト売上高1809

比較的いい感じです。
ただ、FY2015から下げてきているのが気になります。

マイクロソフト(MSFT)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

マイクロソフトEPS1809

こちらはよくないですね。FY2012からじわじわ下げてきています。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

マイクロソフトBPS1809

こちらは微妙です。山の形をしています。
盛り上がって、直近数年で下げてきていますね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

マイクロソフトROE1809

さすがですね。
直近の数字は22.09%です。
過去を見てみても合格ラインを余裕で超えています。
さすがアメリカ株だな、と思わせる数字です。

最後に流動比率は2.35倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

マイクロソフト(MSFT)の今後をまとめると

EPSやBPSは右肩上がりではありません。
また、PERも決して高いとは言えません。

ただ、世界中の人が使うOSであり、優位性はあります。
また、ROEもものすごく高いです。

優良銘柄だと思います。

知人が「マイクロソフトの株を買いたい」と言えば、「絶対やめとけ」とはいいません。

ただ、割安株という点からもう少し株価が下がった所で買いたいのが本音です。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. インテルの株価分析
  2. Young troubled businesswoman with hands on head
  3. タグホイヤー
  4. TOEIC_pic05
  5. 京王電鉄の株価予想1706
  6. 富士フイルムホールディングス株価予想1706
  7. NTTの株価分析1706
  8. syuhukugyou
  9. Dropping stock market numbers
  10. 米国株投資ブログ

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る