株主優待狙いは危険!オリエンタルランドの株価を分析してみた。

オリエンタルランドの株価予想

今回見るのはオリエンタルランドの株価分析です。
アメリカ株のディズニーではなく、東京ディズニーランドの方のオリエンタルランドです。

オリエンタルランドとは

オリエンタルランドは東京ディズニーリゾートを運営している会社です。
また、同社は場内のレストランやキャラクター商品の販売も行っています。

オリエンタルランドのPERは高い

そんなオリエンタルランドの直近の株価は7,623円。

以前は1株30,000円程度で100株単位なので、最低でもオリエンタルランドの株を買うためには300万円必要でした。
現在は大体70万円で買えます。

でも、個人的にまだまだ高すぎます!
ディズニーの入園券狙いで株を買うには70万円はあまりに高すぎる(そういった株主優待の方が多いそうですが)

ちなみに100株で1年間に1回、パスポート1枚が送られてきます。

そして、現在オリエンタルランドのPERは34倍です。
こちら、かなり高いですね。
人気企業で、株をはじめてやる人の多くが「ディズニーランドの株を買おう!」と思うそうです。

それだけ人気を集めるのもやはりディズニーの知名度・ブランド力のなせる技なので感服します。

でも34倍はやっぱり高いです。

オリエンタルランドの長期のチャート

オリエンタルランドの株価推移

こうみるとしっかり上昇しているのが見て取れます。

オリエンタルランドの売上高の推移

ディズニー売上高

売上高、しっかり上昇しています。
ディズニーランドやシーってなんだかんだでみんな行きますもんね。

次にEPS(1株当たりの利益)の推移です

ディズニーEPS

こちらもキレイな右肩上がり。
日本にもこうやって順調にEPSを伸ばしている会社ってあるんだなーとつくづく関心します。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

ディズニーBPS

こちらも右肩上がりで素晴らしいです。

オリエンタルランドの今後の見通しは

売上高・EPS・BPSのどれをとっても素晴らしい内容でした。
こういった成長企業を長期で持つことで利益を享受できるのが本来の株式投資の王道です。

あとは取得株価です。
現在のPER34倍はやはり高い。

なにかのきっかけで大きく下げた時、迷わず買えるかが勝負だと思います。
みんなが売る時こそチャンス。
今は無理して飛びつく必要はないです。
証券口座にお金だけ入れておいて、あせらず待ちましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る