待っているだけではチャンスはモノにできない!

こんにちは。
今井バフェットです。

世の中には「本当の自分」を使っていない人がたくさんいます。

「ちゃんとやればできる」
「勉強を本気ですればもっといい大学にいけた」
「本当の自分はまだ使っていない」

そして、その人は「本当の自分」を使うチャンスを待ち続けます。

「絶対に儲かる」チャンスなんてない

投資においてもそうです。

前回も述べましたが、投資においては見逃しの三振はありません。
でも、だからといって「絶対に儲かる」チャンスなんてきません。

そんなの詐欺だけです。

友人や知人から「ノーリスクで絶対に儲かる」投資チャンスがきたら、
それは詐欺です。

チャンスはリスクのなかにこそあります。
自信のあるフリをしている人だって「本当に大丈夫だろうか?」と少なからず自問自答して行動しています。
(とくに大金をかければかけるほど)

それだけ「投資は怖い」のが事実です。

投資をはじめない人の特徴

世の中には「投資は怖い」という人がたくさんいます。
なかには、「投資が怖い」と慎重になりすぎて、口座開設さえしたことがない人がいます。

口座開設しても、1万円さえ投資できない人もいます。

僕は、失敗は必ず武器になると考えます。
1万円を仮に失ったとしても、それが投資で失敗したという経験になり、今後の投資人生に大きなプラスになると思います。

まずはさっさと試してみたほうがいいです(もちろんはじめは失敗を許容できる範囲で)。

それでもチャンスを「待つ」あなた

狙っている銘柄があるにも関わらず、まだ踏み込めていない人や、慎重になりすぎる人もいます。
「まだ下がる」といって2番底を期待する人もいます。

でも、ずっとチャンスを「待つ」だけではうまく行かないのも投資です。
一定のリスクを受け入れ、行動をすることも時には必要です。
(あくまでこの記事は、チャンスを待ち続けてなにも行動したことない人向けです)

 

 

動きすぎても、動かなすぎてもいけない。
本当に投資というのは奥深く、人生の縮図のようですね。

チャート(値動き)ばかりを見ている人へ

そもそも投資とは、経済の流れを読むゲームではありません。
また、セクションごとの動きを分析するゲームでもありません。

あくまで「個別企業を分析し、それが現在の価格から割安かどうかを判断する」ものです。
見るべきは、マーケットではなく個別の企業です。

投資先の企業が割安かどうかが問題

2番底が来るか、今後金融政策や経済政策がどうなるかはわかりません。
でも、株価を見て、それが過去の業績などから割安かどうかはわかります。

そして、十分割安だと判断するなら買ってもいいのです。

結局、値動き(チャート)だけ見て、底値をつかもうとしても決してできません。
それだけ底値で買うことは難しいのです。

そうではなく、割安水準になれば徐々に時間差で買い増していけばいいのです。
割安と判断しているので、買ったときよりも株価が下がれば喜んで買い増すことができます。

株価が下がっても悲観することはありません。
短期の下落はただの需給です。
「売りたい人」が「買いたい人」より多かっただけです。

このままだと格差が広がるかも

経営がうまくいって、数年後の決算で良い数字を出せれば株価は勝手についてきます。
EPSとBPSが伸び続ければ、株価はしっかり上がります。

将来お金持ちになるであろう人はもうはじめています。
このチャンスをものにできるかどうかで大きな差がつけられてしまうかもしれません。

「本当のあなた」になるための3つのステップ

すぐに何か買えというわけではありません。
なにも行動したことのない人は、まずは下記のステップを踏んでみるといいでしょう。

1 証券会社の口座開設をしていない人→今すぐ開設をしましょう(なんでもいい。僕は今はauカブコム証券使っています)
2 このチャンス相場で銘柄分析していない人→今すぐシェアブログを見ましょう(日本株分析をたくさんやっています)
3 気になる銘柄ができた人→少額からでもとりあえず打診買いしてみましょう(3万円くらいから買えるのはザクザクあります)

小さいようですが、大きな一歩です。

投資は、やらないとなにもわかりません。

銘柄を選ぶのはたしかに大変

上場企業はめちゃくちゃあるのでその中から1社を選ぶのは大変です。
そんなあなたのためにシェアブログでは多くの銘柄分析をしています。

でも最後に選ぶのはまぎれもなくあなたです。
そのための手助けは全力でします。

そんな銘柄を一緒に見ていきましょう。

 

【ちょこっと宣伝】追記 今井バフェット、株を1,200万円分買いました。

今回のコロナショック、多くの銘柄が下げています。

2017年11月から投資ブログをピタッと止めていた私。
それは他ならぬ「株価が高水準だった」からです。

そして今回の下落。
優良銘柄が適切な評価をされておらず、「お宝がザクザク」しています。
紛れもなく10年に一度のチャンスです。

そんな中、私も投資を再び再開しました。
貯金1,400万円のうち、「ある一つの日本株」に1,200万円以上を投資しました。


多くのお宝銘柄の中で、さらに埋もれている「これはものすごい!」と感じた銘柄があったからです。

これまで何百と日本株を分析した私が、身銭を切って投資しました。

バフェットはこう言いました。
「賢い人たちは、チャンスが訪れたときに大きく賭けます。オッズが有利なときは大きく賭けるのです。
しかし、そうでないときは賭けません。ただそれだけです。」

今回のコロナショックで資産の80%以上を投じた銘柄とは?
今井バフェットが何に勝負をかけたのか?

理由とともに売買履歴や今後の売買戦略なども詳細に述べています(適宜更新予定です)

もし気になる方はコチラを見て下さい。
ちなみに有料ですが、途中まではタダで読めます。

最大のチャンス!コロナショックで私が1,200万円全力投資した銘柄

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている36歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!(→2020年達成)
次は、3,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円
2020年
1月:10,700,000円→1,000万円達成!
2月:12,800,000円
3月:13,800,000円

今回のコロナショックで投資を再開させました。
最大のチャンス!コロナショックで私が1,200万円全力投資した銘柄

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る