高配当銘柄!ヒノキヤグループ【1413】の今後の株価を分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はヒノキヤグループ【1413】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

ヒノキヤグループとはどんな会社?

ヒノキヤグループは建設会社です。

もとは桧家住宅という会社名でした。

以下はWikipediaより引用

黒須新治郎(現 代表取締役会長)が起業した会社(当初は株式会社東日本ニューハウス。2003年に株式会社桧家住宅に商号変更)であり、木造注文住宅の設計、施工、販売を主業とする。

起業のきっかけには、黒須が20年余りに渡り住宅業界で働く中で持った業界体質への不満があるという。

提供する住宅の耐久性にもこだわっているという。
20 – 30年で建て替える必要がないよう、通常よりも太い柱を使う等、頑丈な構造で施工する。
それでいて、価格は大手住宅メーカーよりも安いという。価格の安さは大手住宅メーカーが工務店を間に挟んで大工等へ発注するのに対し、桧家住宅は工務店を介さず直接発注することも要因となっている。

なんか、良さそうな建設会社ですね。

東証一部で時価総額は217億円です。
そこまで大きな会社ではありません。
ランクでいえば、Fランクです。
(このブログでは250億円以下をFランクとしています。あくまで時価総額のランクなので、もちろんランクが低いからわるいというわけではありません。)

そんなヒノキヤグループ、社員数は3,111名です。

現在の株価は?

現在の株価は1,605円前後です。
取引単位は100株なので、16万円前後でヒノキヤグループの株を所有することが可能です。

20万以下なのでそこまで高くはないですね。
(それでもやっぱり株をはじめる初心者目線からだと、日本株は高いです)

ヒノキヤグループのPER(株価収益率)は、現在6.22倍です。
10倍以下なのでかなり割安です。

配当利回りは、5.6%です。
すごいですね。
日本の中でもかなりの高配当銘柄です。

ヒノキヤグループの株主優待はありません。

ヒノキヤグループの長期チャート

上場が2017年3月なので、まだデータは少ないですね。
2018年4月に打ち上げ花火(大きく上昇して一気にしぼむこと)をやっていますね。

それ以外は特に方向感はないですね。

まあ、一言で言えばパッとしないチャートです。

直近1年間の短期チャート

他の多くの日本株と同じような動きですね。
コロナショックで大きく下がり、直近は少しだけ反発しています。

ヒノキヤグループの売上高は?

いいですね。
しっかりと右肩上がりです。
GOODです。

ヒノキヤグループのEPS(1株当たりの利益)の推移です。

こちらはFY2018からガクッと下げてしまっています。
キレイな右肩上がりではありませんね。
微妙です。

長期チャートがパッとしない理由はココにあるのかもしれません。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

こちらはしっかりと右肩上がりです。
いいですね!

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

直近のROEは12.54%です。
いいですね。しっかり合格ラインを超えています。
過去を見てもかなり高ROEです。
素晴らしいです!
こういう日本株大好きです。

最後に流動比率は1.46倍。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ヒノキヤグループの今後をまとめると

優良企業ですね。
EPSはそこまでですが、その他の数字が良かったです。

さらに高配当なのも嬉しいですね。
個人的にも気になる銘柄です。

もし気になった方は四季報などで詳細をチェックしてみて下さい。

実は最近、銘柄をとりあげるときに四季報みて良さそうなのをピックアップしています。
最近シェアブログを見始めた方は良い銘柄に出会える確率が上がるかもしれないのでラッキーです。

では、次の銘柄行きましょう!

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている36歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!(→2020年達成)
次は、3,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円
2020年
1月:10,700,000円→1,000万円達成!
2月:12,800,000円
3月:13,800,000円
9月:16,000,000円

今回のコロナショックで投資を再開させました。
最大のチャンス!コロナショックで私が1,200万円全力投資した銘柄

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る