埼玉県民しか知らないスーパー、ヤオコーの株価を分析してみた。

ヤオコー株価予測

気になる日本株を分析するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はヤオコー【8279】。

株価を分析し、今後を予想していきます。

ヤオコーとはどんな会社?

ヤオコーは埼玉県を中心に食品スーパーマーケットおよびドラッグストアを経営しています。
ヤオコーは生鮮食品、日用雑貨、医薬品などを取り扱っています。

以下はWikipediaより引用

埼玉県(82店舗)を中心に群馬県(13店舗)、栃木県(5店舗)、茨城県(7店舗)、千葉県(24店舗)、東京都(7店舗)、神奈川県(6店舗)と、関東地方に合計144店舗を持つ(平成27年9月現在)。商品等の鮮度維持等を重視し、国道16号線付近での店舗展開を行なっている。

店舗の形態としては、通常の店舗の他、新形態の店舗として、狭山店をモデル店として確立した「ヤオコーマーケットプレイス」があり、新しい店舗はこの形態である。また、旗艦店の南古谷店では狭山店モデルの更なる充実を目指し、川越的場店は次世代旗艦店モデル、所沢美原店は都内本格進出へ向けた小型店モデルであるとともにヤオコー品質を保ちながらの「価格コンシャス」を実践したモデル店としてオープンするなど売り場作りに非常に熱心なチェーンで、流通業界でも注目されている企業である。2010年8月にはテレビ東京『日経スペシャル カンブリア宮殿』の「地方スーパーの逆襲」で紹介された。また、2011年1月にはビジネス書『しまむらとヤオコー』(小川孔輔著、小学館刊)が発売されている。

2月には全店休業して社員運動会をするのですが、その運動会が豪華と話題に。

さいたまスーパーアリーナを貸しきって行われたその運動会は、司会に元日本テレビアナウンサーの福澤朗さん、ゲストにKARAと田原俊彦さんをよぶ豪勢ぶりだったそう。

そうだ埼玉.com

現在の株価とPERは?

現在の株価は4,215円(2016年2月)。

PERは16.29倍です。
20倍を切っているので高すぎずといったところ。

配当利回りは0.97%。
配当はほとんど期待できないレベルですね。

 

上場来の過去の長期のチャートを見ていきましょう

ヤオコー長期チャート

見ると、キレイな右肩上がりです。
最安値は2000年の566円。
最高値は2015年の5,690円です。

この間に株価は10倍に急上昇しています。
すごいですね。

直近1年間の株価の動きは以下です。

ヤオコー直近1年のチャート
2015年8月をピークに下り坂をくだっています。

ヤオコーの売上高は?

ヤオコー売上高

キレイな右肩上がりです。

次にEPS(1株当たりの利益)の推移です

ヤオコーEPS

こちらもキレイな右肩上がり。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

ヤオコーBPS

こちらもキレイな右肩上がりです。
しっかり成長している証です。
いうことありません。

そして、ROE(株主資本利益率)は直近15.33%。
流動比率が0.55倍です。

流動比率が1倍切っているのが少し気になります。

ヤオコーの今後をまとめると

売上・EPS・BPSの伸びが素晴らしいです。
今後も成長を続けそうで、長期投資には適した銘柄だと考えます。
ただ、配当利回りが小さいことと、流動比率が1倍を切っている点が気になります。

ノリにのっているヤオコー、気になる方は詳細調べてみてはいかがでしょうか。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る