任天堂の株価を分析!「ポケモンGO」リリース後の見通しは?

ポケモンGOで任天堂株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は任天堂【7974】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

任天堂とはどんな会社?

任天堂は、ホームエンターテインメント分野で、家庭用の携帯型・据置型ゲーム機およびソフトウエアの開発、製造、販売を、国内外にて展開しています。
また同社はトランプ・かるた等の家庭用玩具の製造および販売も行っています。

最近は、世界中で大ヒットのポケモンGOでも注目を集めています。
ただ、こちらについて任天堂の決算に与える影響は限定的ですが。

7月22日、任天堂は声明を発表し、ポケモンの権利を有する関連会社である株式会社ポケモンを、同社が32%しか保有していないことを明らかにした。任天堂はNianticも13%所有している。サンフランシスコ拠点の同社は昨年Googleから独立したモバイル開発会社で、ポケモンGOの開発と配信を行っている。

「このような会計基準のため、ゲーム売上が当社の連結決算に与える影響は限定的である」と任天堂は声明で語った。

引用:techcrunch

現在の株価は?

現在の株価は21,000円前後(2016年8月)。
取引単位は100株なので、210万円程度で任天堂の株を所有することが可能です。

高い!

とても高いですね。
一般的なサラリーマンが、一つの銘柄に210万円はなかなか厳しいと思います(僕も含む)。

PER(株価収益率)は、116倍。
こちらも高い!

というより、いくらなんでも高すぎます。
この時点で投資対象として考える気がなくなりました。

過熱しすぎですね。

配当利回りはありません。

上場来の過去の長期のチャート

任天堂の長期チャート

こちらが上場来の長期チャートです。
最高値は2007年の66,500円。
最安値は1983年の2,844円です。
その差は20倍!
現在は最高値の3分の1ほどとなっています。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

任天堂直近のチャート

ポケモンGOの報道後、過熱して一時は最高値31,770円をつけた任天堂ですが、その後は落ち着きをみせ、20,000円前後を推移しています。

出来高も一気に上がり現在注目を集めている銘柄には変わりありません。

任天堂の売上高は?

任天堂の売上高

2011年度には1兆円を超えていた売上高も徐々に減少しており、現在は約半分の5,000億円です。

任天堂の純利益は?

任天堂の純利益

見て分かる通り、ボコボコしています。

ボコボコしている純利益は、その見た目どおり不安定な経営を示唆しています。

2011年度と現在を比較すると純利益大きく落としています。
マイナスの年度もチラホラ散見されます。

任天堂のEPS(1株当たりの利益)の推移です。

任天堂のEPS

1株あたりの利益なので前述の純利益と形は一緒です。

うーん。とおもわずため息をつきたくなるような結果です。
EPSが右肩上がりの銘柄が長期投資に適した銘柄であるところ、任天堂はまったくあてはまりません。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

任天堂のBPS

BPSも逓減しています。
これは株主の価値を少しずつ減らしているということ。

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近1.42%。
14.2%ではないですよ、1.42%です。
100万円投資して、1万4000円ちょっとしか稼げなかったということです。低すぎます。

ここ数年はROEかなりキビシイです。

そして流動比率は10.37倍。こちらは超優秀です。

任天堂の今後をまとめると

PER高い、EPS、BPSの伸びがない、ROE低すぎるでまったく財務的にいいところがない銘柄です。
僕だったら絶対買わないです。

知り合いで、たまたま任天堂を買っていて「いきなり急上昇したから売って儲けたぜ」という素人まるだしのトレードをして周りに吹聴している人がいますが、それは投機であって投資ではありません。
周りで聞いていた株をやったことない人が「そんなに儲かるんだったらおれも『投資』やろうかな」と言っていましたが、絶対やめたほうがいいといいました。

こういった人気先行の実態だけで大きく動くような銘柄(個人的に任天堂という会社は好きですよ)でキャピタルゲイン(値上がり益)を狙うような投資はまったくすすめません。

あなたの貴重なお金です。もっと地味だけど堅実な銘柄にコツコツと投資していきましょう。
それが富裕層になる最短ルートです。

「多数の人は、あせってお金持ちになろうとするあまり失敗する」とウォーレン・バフェットも言っています。

次の銘柄を一緒に見ていきましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る