不振の理由はコンビニ?B−Rサーティーワンアイスクリーム【2268】の株価を分析

サーティーワンの株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はB−Rサーティーワンアイスクリーム【2268】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

B−Rサーティーワンアイスクリームとはどんな会社?

B−Rサーティーワンアイスクリームは、全国でアイスクリーム専門チェーンを経営しています。
同社は不二家および米バスキン・ロビンスの合弁会社です。

BRとはバスキンロビンスのことです。

以下はWikipediaより引用

サーティワンとは英語の「31」で、「31種類のアイスクリームがあるため1ヶ月毎日違うアイスが楽しめます」という意味が込められている。ただし、実際には32種類、若しくは28種類のアイスクリームが置かれている店舗が多く、これは冷蔵庫が四角いので偶数(しかもケース1区画が4つ入りの為4×8)の方が経済的であるという理由であり、トリビアの泉でも紹介された。実際には1000以上の種類があるが、世界のどのバスキン・ロビンスの店でも大抵は32種類から選べる。

日本では「サーティワン」との呼称がほぼ一般的であるが、本国のアメリカでは「バスキン・ロビンス」と呼ばれているためアメリカ人に「サーティワン」といってもほとんど通じない。逆に日本では「バスキン・ロビンス」というのが通じにくい。「サーティワン」の呼称は日本と台湾のみである。なお台湾へは、日本のB-Rがアメリカの本社との契約によって台湾の民間企業とフランチャイズ契約を結んだことで出店された。

サーティーワンアイスクリーム、僕も大好きです。
中でもポッピングシャワーが好きです。

ポッピングシャワーおすすめ

そんなB−Rサーティーワンアイスクリーム、社長は渡辺裕明氏。
現在の社員数は206人です。

現在の株価は?

現在の株価は3,900円前後です(2016年9月)。
取引単位は1,000株なので、390,000円程度でB−Rサーティーワンアイスクリームの株を所有することが可能です。

うーん、高い!一つの銘柄に40万円は高いですね。

B−RサーティーワンアイスクリームのPER(株価収益率)は、現在算出できません。

決して割安ではないですが、大体25倍前後なのでものすごく割高というわけでもありません。
PERだけでみると欲しい人には手の届くレベルです。

配当利回りは、1.02%です。
日本株の中では普通の配当です。

株主優待は、100株保有で半期に一回1,000円相当の優待券がもらえます。
390,000円で実質2,000円分のアイスクリーム券なのでそんなにおいしくないですね。

詳細は下記よりご覧下さい。

B−RサーティーワンアイスクリームIR情報

上場来の過去の長期のチャート

サーティーワンアイスクリームの長期チャート

みると日本株としては珍しい右肩上がりのチャートです。
いいですね。
過去最安値は1998年の671円。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

サーティーワンアイスクリームの短期チャート

直近1年では下げています。
直近の最安値は2016年8月の3,880円。

現在かなりの安値圏です。
狙っている方にとってはチャンスかもしれません。

B−Rサーティーワンアイスクリームの売上高は?

サーティーワンアイスクリーム売上高

直近売上大きく落ち込んでしまっています。
大丈夫でしょうか。

B−RサーティーワンアイスクリームのEPS(1株当たりの利益)の推移です

サーティーワンアイスクリームEPS

こちら、直近はマイナスになってしまっています。

不振の理由はコンビニに客を取られていることが大きいと言われています。

サーティワンアイス、40年ぶり赤字のピンチ異業種ライバルのコンビニに客を食われる(東洋経済オンライン)

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

サーティーワンアイスクリームBPS

こちらも右肩下がりです。

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近マイナス1.23%
FY2013まではずっと2ケタだったのでなんとか復活してほしいです。

流動比率は1.17倍。
こちらは1倍を超えているので問題ないです。

B−Rサーティーワンアイスクリームの今後をまとめると

サーティーワン、個人的に大好きなのでなんとか頑張って欲しいです。
店舗けっこう賑わっているように見えます。

赤字の今が投資のチャンスと見る向きもありますが、すべては挽回できるかにかかっています。

とりあえず今すぐ欲しい銘柄ではないですが注視はしています。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る