あなたはいくつあてはまる?成功できないビジネスパーソンが昼休みにやっている5つのこと

pak85_ra-mensusurugaikokujin20140531

みなさんはお昼休みをどのように過ごしているでしょうか?

U.S. News & World Reportによると、アメリカのビジネスパーソンのうち39%もの人が自分のデスクで一人でお昼ご飯を食べているそうです。
おそらく日本も状況はあまり変わらないのではないでしょうか。

ただし、このようなお昼休みの過ごし方は、決して良くないのです。
実は、成功しているビジネスパーソンの多くは、お昼休みを仕事の生産性を上げるために使っているのです。

そこで、今日は、成功しているビジネスパーソンがお昼休みに決してやらない5つのことをご紹介します。

1.デスクでご飯を食べる

成功しているビジネスパーソンの多くは、お昼休みを情報収集の場として利用しています。

一人でデスクでご飯を食べた方が効率が良いと思う人がいるかもしれませんが、仕事トータルで見た場合、情報収集しながらお昼休みを過ごす方が効率が良いのです。

2.お昼休み中に仕事をする

lunchdesk

成功しているビジネスパーソンほど、お昼休みはしっかりと休むものです。

確かに、お昼休みは仕事の遅れを取り戻すために丁度良いのですが、しっかりと休まずに仕事をしていると、逆に午後の仕事の効率が落ちてしまいます。

カルフォルニア大学教授のKimberly Elsbach氏は、「環境を変えてリフレッシュをすることで、想像力、イノベーション力が向上する」と言います。

午後の仕事の効率を上げるためにも、お昼は友人と会社から少し離れたお店でランチをするものいいかもしれません。

3.ご飯を食べない

business_desk

成功しているビジネスパーソンほど、お昼はしっかりとご飯を食べます。
会議などで忙しい人でも、しっかりとご飯を食べる時間は確保しているものです。

4.不健康な食事をとる

388x210_diabetic-friendly_fast_food_lunch_ideas

ファーストフードは確かに、安いし早いし、ビジネスパーソンのお昼休みにはちょうどよいと思う人が多いかもしれません。
ただ、成功しているビジネスパーソンは健康の重要性を知っているものです。
ただ、安いから、早いからというだけではお昼ご飯を選びません。

5.外に出ない

3-healthy-office-lunch-ideas

成功しているビジネスパーソンは少しでも外の新鮮な空気を吸うことが重要だということを知っています。
お昼休みは、会社の外に出れる数少ない機会ですから、そのタイミングを無駄にせずに、少しでも外を散歩して下さい。
きっと心がリフレッシュでき、午後の仕事がはかどるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。
お昼休みは、午後の仕事のパフォーマンスを決める重要な時間です。
今回ご紹介したことをやってしまっているという方がいましたら、是非明日から注意して見てみて下さい。

参考:Business Insider

安田ヴァザリア(Gvasalia)

安田ヴァザリア(Gvasalia)

投稿者プロフィール

30代ビジネスマン。帰国子女。
海外の最新情報を中心に紹介する世界を飛び回っている。
「明日の仕事に役立つ」情報を定期的に配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る