腕時計メーカー、セイコーホールディングス(SEIKO)の今後の株価を分析

SEIKO株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はセイコーホールディングス【8050】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

セイコーホールディングスとはどんな会社?

セイコーホールディングスは、国内、海外で電子部品や時計の企画、製造および販売を行っています。また宝飾品および眼鏡、ゴルフクラブ、コンピューター関連機器も販売しています。

以下はWikipediaより引用

日本初の腕時計、世界初のクオーツウオッチを製品化し、現在も時計関連で著名な企業である。オリンピックなどの世界大会などで公式スポンサー、オフィシャルタイマーとしてたびたび参加している。

ちなみに、同社グループの広告・カタログに掲載される時計が示す時刻は、アナログ式が10時8分42秒、デジタル式が10時8分59秒を基準としている。

グランドセイコー(GRAND SEIKO)はいつかは持ちたい憧れの時計ですね。

グランドセイコーほしい

そんなセイコーホールディングス、社長は中村吉伸氏。
現在の社員数は13,437人(連結)です。

さすが大企業。社員数もスゴイですね。

現在の株価とPERは「割高」

現在の株価は435円前後です(2017年1月)。
取引単位は1,000株なので、435,000円程度でセイコーホールディングスの株を所有することが可能です。

うーん、高い。
一つの銘柄に40万円超えは高いですね。

セイコーホールディングスのPER(株価収益率)は、現在28.93倍。
20倍を超え、30倍に迫る勢いなのでかなり割高です。

それだけ期待されているということですね。

配当利回りは高い

配当利回りは、3.45%です。
いいですね。日本株の中ではかなりの高配当です。

セイコーホールディングスの株主優待はありません。

過去20年の長期のチャート

セイコー長期チャート

過去20年を見ると、大きく上げたり下げたりはしていますが、あまり方向感がありません。
ちなみに、上場来最高値はバブル時の1990年4,898円です。
そして上場来最安値は2011年の158円です。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

セイコー短期チャート

こちらも方向感がありません。
2016年下半期は停滞していましたが、他の銘柄と同様に年末にかけてのトランプラリーで大きく戻しています。

直近最高値は2016年1月の648円。
直近最安値は2016年7月の292円です。

セイコーホールディングスの売上高は?

セイコーの売上高

うーん、ガチャガチャしていますね。
理想的な売上高は右肩上がりですが、セイコーの売上高はそれとは遠いです。

セイコーホールディングスのEPS(1株当たりの利益)の推移です。

セイコーEPS

こちらもガチャガチャしています。
マイナスの年度もあります。
あまりよくないですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

セイコーのBPS

こちらはまあまあですね。
FY2012からはしっかり伸びています。

ROEと流動比率は?

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近13%
いいですね。高ROEです。
多くの日本株は一桁台なのですが、セイコーはしっかり二桁のっています。
ROEが高いということは経営が上手いということ。
素晴らしいですね。こういった銘柄が日本株にも増えてくるといいですね。

流動比率は1.14倍。
こちらは問題ないです。

セイコーホールディングスの今後をまとめると

PERは高めですが、高配当なのは魅力でした。
さらにセイコーはブランド力もあります。
海外競争力もあります。

ただ、売上その他の数字の伸びがイマイチでした。

僕は、大きく下げたら(300円割れとか)少しは買ってみたいけど、今無理して買うような銘柄でもないかなと思います。

次、行きましょう!

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 01187-700x467
  2. 島忠の株価分析
  3. 日本株暴落
  4. 伊勢丹セール
  5. コメダ珈琲株価分析
  6. 東北電力の株価分析
  7. gettyimages-493787679
  8. image
  9. アメリカ株の配当金
  10. 米国株投資

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る